ゆーみんの『幸せの道標』⑭ありのままの自分を受け入れていこう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は老子の言葉を紹介します。
形を重んずるより、ありのままの姿を大事にしている老子の言葉に安心感を覚えます。

 

『現実を現実として、あるがままに受け入れなさい。
物事をそれが進みたいように、自然に前に流れさせてやりなさい。』

 

老子は『あるがままの自分を良しとしなさい』と言ってくれます。
物事がうまくいかなくても、決して焦る必要はないと・・・。

 

そして、この世に不必要なのは虚栄心や嫉妬心、争う心だと言っています。
誰でも赤子のような心になるべきだと説いています。

 

この世に役に立たない人は、一人としていないのです。
だから、自分自身に劣等感を抱いたり、人と比べて落ち込む必要はありません。

 

老木は役に立たないし、それを使って何かを作ったとしても、直ぐに壊れたりして、使い物にはならないかもしれません。

 

でも、だからこそ何百年も切られずに生き続けて、人々を癒し、休息の場になったりするのです。

 

一人一人の存在に大事な意味があり、大きな価値があります。
争う心をやめて、赤ちゃんのように「無私の心」になった時に、一番強さを発揮できると言います。

 

何かと効率化を求められる時代ではありますが、そんな時だからこそ、「あるがままに生きる」自分を大事にして、前向きに、そして自然の流れに感謝して進むことが必要ですね。

 

今日も笑顔で楽しみましょう。
水のように、しなやかな心で過ごせたらいいですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 現実を現実として受け入れるあるがままに受け入れる姿勢は、とても大切なことですね!
    すべてのスタートはこの現実からです。
    地に足をしっかりつけて、現実を真摯に受け止めた上で、希望を持って前に進みたいものですね!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      全てのスタートは現実からですね。地に足をつけて、自分の良さを認めつつ、地道に努力していきたいと私も思います。
      今日も素敵なコメントを、ありがとうございました。

  2. 現実を受け入れ、無私の心で素直になった時に、すべては見えてくるのだと思います!
    虚栄心や私欲を持たずに、謙虚な姿勢で日々を過ごしたいものですね。
    今日も大切な気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      今日も素敵なコメントを有難うございます。仰る通りだと思います。謙虚な気持ちで現実を受け入れていくと、いろんな事が理解できますね。
      今日も心から感謝しています。

タイトルとURLをコピーしました