毎日を丁寧に生きると、必ず前進できるという話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

一昨日、Clubhouseの情報を知りました。
でも使った事がなく、今とても注目されているという事しか知りません。

 

でも、私の周りでClubhouseに登録し、すでに利用している人が続出しています。

 

これは、私は苦手だから…と言ってる場合じゃないですね。
初めての事は、勉強が必要だし、苦手意識が常に邪魔をします。

 

でも、それはやりたくない自分がいるだけで、本当は出来るのだと思うのです。

 

何とか登録し、どこかのROOMには入れるようになったら、もっと自信がつくと思うので頑張りますね。

ピーター・ドラッカーの言葉

今日は経営学者のピータードラッカーの言葉をご紹介します。
「現代経営学の発明者」「マネジメントの発明者」とも言われている偉人です。

 

彼は、オーストリアのウィーンで裕福なドイツ系ユダヤ人の家庭に生まれています。

 

そして彼は、19歳の時にドイツ、フランクフルトの新聞記者となり、21歳の時にフランクフルト大学の法学博士号を取得しました。

 

この頃、ナチスのヒトラーやゲッベルスから度々インタビューを許可されていたそうです。

 

しかし1933年、ドラッカーの論文がユダヤ人を嫌うナチスの怒りを買う事を確信し、退職してイギリスのロンドンに移住したと言います。

 

そんなドラッカーの名言の一つにこんな言葉があります。
「変化はコントロールできない。出来ることは、その先頭に立つ事だけである」

確かに、時代の変化を止める事は出来ませんね。

あの時代は良かったと懐かしんでも、又いつかその時代がきっと来ると期待していても、二度と戻ってくることはありません。

 

そして、変化を恐れず、時代の波に乗ること、受け入れていく事が大切だとドラッカーは教えてくれます。

 

そしてピータードラッカーは「顧客」をとても大事にしていました。
コミュニケーションで最も大切な事は、相手が語らない部分を聞く事だと言っています。

 

相手が何を望み、どのようになりたいのか聞く事が大切だと言っているのです。

 

これは自分が何を伝えたいかを考える事も必要だけど、相手の望みやこうなりたいという未来を聞き、それを提供する事が重要だと言っているのです。

 

将来について分かる唯一の事は、「今とは違う」という事です。
でもそれは、必ず今よりももっと良くなっているという事ですね。

 

もしあなたが何かのビジネスを始めているなら、顧客の未来や可能性を信じ、そのビジョンに合ったものを提供していく必要があります。

 

未来を予測しようとすることは、夜中にライトをつけずに、リアウィンドウを見ながら運転するようなものだと思います。

 

自分や顧客の未来の可能性を信じながら、今、目の前の事を誠実に取り組んでいくべきだとドラッカーの言葉から学びました。

ゆっくり急げ

そして、こんな言葉も目の前に飛び込んできました。
ゆっくり急げ」という言葉です。

 

ラテン語で「festina lente( フェスティナ レンテ)」というそうです。
例えば、朝起きて寝坊に気づいたとしましょう。

 

慌てて準備して飛び出すが、駅までの道すがら、打ち合わせに必要な必須の資料を忘れた事に気づき、泣く泣く来た道を戻る・・。

 

フェスティナ レンテ・・・
こんなことを経験した人は、一度や二度はあるのではないでしょうか?

 

目的地に急ぐのであれば、そうであればあるほど、むしろ目の前の事を一つ一つ丁寧に進めた方がいいですね。

 

丁寧に進めていけば、案外早く目的地につけるものです。
実際に急いでも、落ち着いて作業しても時間的にはさほど変わりません。

そして、水泳の元オリンピック選手の北島康介さんも、当時コーチに言われたアドバイスを実行して金メダルを取りました。

 

それは「ゆっくり急げ」という事です。
スピードを競うレースにもかかわらず、彼は「ゆっくり行け」という指示を守ったのです。

 

そのお陰で、後半バテることなく「全身を使ってゆっくり泳ぐ」戦略を立てて試合に臨んだ結果、見事に金メダルを勝ち取ったのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今日はピーターー・ドラッカーの言葉や「ゆっくり急げ」というラテン語の言葉を引用して、目の前の事に集中する大切さを書きました。

 

このように書きましたが、だからといってのんびりやっていいという事でもありません。

 

一つ一つ丁寧にやっていく作業こそが意味を成します。
丁寧な姿勢で取り組むことが、長い目で見たら近道だったというお話です。

 

色んな事の選択を迫られる時、この「ゆっくり、急げ(フェスティナ・レンテ)」が重要になってくるような気がします。

 

急ぐことと、スローの間を行くもの・・・。
AかBかではなくて、「漂えど、沈まず」の心境になることが大事だと思います。

 

毎日を丁寧に生きたいですね。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. ゆっくり急げ!良いことばです。日本的には、急がば回れ…が近い言葉かもしれませんね。
    僕も人生経験の過程で、そういう習慣が身につきました。朝急いで家から出る時、遅刻しそうになる時ほど、必ず一瞬冷静になる癖をつけてます。六カ所のチェックです。ズボンの右ポケット、ズボンの後ろ右ポケット、ズボンの後ろ左ポケット、オーバーの右ポケット、バッグのサイドポケット、そして口です。
    そこには、地下鉄の定期券、財布、スマホ、老眼鏡、スマホの充電器、そしてマスクです。
    急いでいる時は、物を考えても必ず忘れます。物ではなく、場所でチェックすると忘れません。
    くだらない私のお話をしてしまいました。
    急ぐ時ほど、冷静になる習慣をつけることは、とても大切なことですね!
    今日も素敵なお話をありがとうございました。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      小笠原さん。今日は素晴らしい事を教えてくれましたね。「物」で覚えるのではなく、「場所」で覚える!
      とてもいいですね。私も昔、暗記術のセミナーで、一度に10個の事を瞬時に覚えて復習するという、セミナーを受けた事があります。
      自分の身体を使って場所で覚え、その時に結び付けた思いと一緒に覚えると、直ぐに復唱することが出来ました。
      「場所でチェック」これは素晴らしいルーティンですね。私も真似させて頂きます。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました