開運への導き64-「人生を長いスパンで考えてみよう」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

10日の母の日は、FBを見るとお母さんに感謝したり、感謝される人が沢山いて、とても素敵だなと思いました。

 

既に他界されている方であっても、思いを馳せて、感謝の心を捧げるだけでも、その思いは故人に十分に伝わります。

 

感謝する気持ちが、この世の中をパラダイスに変えていく原動力になりますね。

ゆとりを持って生きる

実業家の斎藤一人さんは、こんなことを仰っています。

昔から、世界はいい時と悪い時を繰り返してきました。
だけど確かな事は、どんなに悪い状況に見えても必ず終わりがあるし、その後には、悪くなる前の何倍もいい時代が来ます」

 

つまり、間違いなく世界はこれから大きく飛躍していくのです。
一見悪い事に見える出来事も、良い事が起きる前兆です。

 

不安な気持ちでいるとそれを呼び寄せるけど、真実は違うとはっきり仰っています。

 

これは信じても信じなくてもいいけど、人は何度も成長するために生まれ変わっています。

 

だから「これからもっと良くなる!」って思い、安心して目の前の事に集中していけばよいのです。

 

人生は何度でも修正がきくから、決して遅すぎる事はないのです。

まず自分が幸せになる

一人さんは、何が起こっても不安がらずに、まず自分が幸せになることがとても大切だと仰っています。

 

人生の一大事だと思った事も、長いスパンで捉えてみたら、ほんの一瞬の出来事だからです。

 

悪い事はずっとは続かない。
いつか必ず終わりが来ます。

 

一生を「ゲーム」のように考えて、面白がって、楽しんで、出来るだけワクワク過ごす事が大事です。

 

すると嫌な出来事や、苦しい出来事も、良くなることの前触れで、これを乗り越えたら何倍も良い事があるって分かったら、そこで落ち込まずに済みます。

 

魂の成長は、一人さん的には100年単位、1000年単位くらいが当たり前だと言います。

 

例え今世でちょっと計画がうまくいかないことくらい、どうってことないから慌てなくていいと言います。

 

長いスパンで考え、起こる出来事に一喜一憂することなく、目の前の事を楽しむ努力をしたら、必ず良い方向に導かれます。

 

今日も応援しています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 悪いと思われることも、実は幸せになるために必要なこと…と思えれば、勇気を持って試練に立ち向かえますね!
    仰る通り、人の魂は永遠です!今の一瞬が不幸に見てえも、長いスパンではほんの小さな試練。神様は必ず支えて下さいます。
    今日も明るく元気に過ごしましょう!
    今日も素敵な気付きをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      神様の支えがあると思って生きている人は本当に強いですね。
      素晴らしい事だと思います。
      今の状態が例え一見不幸に見える事でも、魂の成長の過程では、とても大事なことだったりします。
      それに文句を言ったり、不平不満を言わなければ、神様は必ず引き上げてくださいます。
      心に希望の光を灯して、毎日明るい気持ちで進みたいですね。
      今日も素敵なコメントを、ありがとうございました。

  2. 人生は長き道を重き荷を負うて行くが如し。急ぐべからず。
    辛いこと、試練を経験するのは当たり前!一つ一つの苦労に落ち込むことなく、常に希望と感謝を持って生きることがとても大切なことですね!
    人生というより、もっと長い魂の時間として、長いスパンで物事を考えることが正解なのだと思います。
    今日も素晴らしい気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      その通りですね。人生というより魂の時間として、長いスパンで考えていく事がとても大事だと思います。
      その中で起きる出来事は、宇宙レベルから見たら、本当に小さなこと・・・。
      だから心配しないで、希望と感謝の気持ちで生きる事がとても大事だと思います。
      今日は私の記事に補足をしていただいて、感謝申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました