ゆーみんの「希望の扉」43 自分の足元を見つめ直してみよう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は「看却下」(かんきゃっか)のお話をします。
皆さんはこの言葉を聞いた事がありますか?

 

これは、「自分の足元を見よ」という意味の禅語です。

 

転じて、「足下に注意せよ」「履物を揃えて脱げ」と言った意味合いで、さらに、「己の立脚するところを見失うな」「常に自戒せよ」と言った意味合いで用いられます。

 

禅語の中でも有名な言葉のようで、禅寺の玄関には良く「看却下」と書いた木札が掲げてあるようです。

 

そして、「履物を揃えて脱ぎなさい」という意味のほかに、もっと深い意味があるようです。

 

「看却下」とは、人は暗闇に灯火を失ったような人生の悲劇に遭遇した時には、我を見失い右往左往してしまうが、自分を見つめ直してみよ。

 

道は近くにある。
まず足元を見てみなさい、という意味なのです。

 

まずは足元の乱れから直してみましょう。
そうすれば自分を見失う事もなくなります。

 

何か困難な出来事があった時、解決のヒントは意外と身近なところに潜んでいることは、よくあることです。

 

決して絶望することなく、自分の足元を見つめ直し、謙虚な気持ちで新たな道を探っていきましょう。

 

今日も応援しています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 看却下…恥ずかしながら、初めて聞きました。
    足元を見つめ直す…とても素晴らしい意味を持っているのですね!
    人生何度も道を踏み外すことがありがちです。自戒して、自分を見失わないようにしたいものです!
    今日も勉強になりました。
    素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      こちらこそ、いつもありがとうございます。私も実は最近まで知りませんでした。
      意味深い言葉ですよね。足元を見て、今日も自分の行動に責任をもって、頑張っていきたいと思います。
      素敵なコメントを有難うございました。

  2. 看却下…禅の言葉なのですね!実に味わい深い言葉ですね。
    基礎のしっかりした家は地震がきてもビクともしないように、自分の足元がしっかりしていれば、人生の荒波にも負けないのだと思います!
    反省を込めて、見つめ直してみたいと思いました。
    今日も気付きの投稿をありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      素敵なコメントを有難うございます。自分の生き方の基礎固めを、私もしっかりとして生きたいと思います。人生の荒波に負けない強さを持っていきたいですね。
      師走で忙しいと思いますが、頑張って下さいね。

タイトルとURLをコピーしました