ゆーみんの『幸せの道標』71愛語を話し、感謝すると良い事が起きます

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は『言霊』についてのお話です。
昨日も触れましたが、言葉には神の力が宿っていると言われています。

 

小林正観さんは、「幸も不幸も存在しない。そう思う心があるだけ」と言います。

 

例えば、困難な事に出会ったとしても、その事があったからこそ、今の自分があると感謝できる人がいる。

 

反対に、自分は全くツイてない、最悪だと愚痴や文句ばかりを言う人もいる。
事実は一つですが、その捉え方によって、生き方や考え方は正反対になりますね。

 

毎日のように、周りを非難し、文句を言うなら、文句を言いたくなるような現象が繰り返しやってきます。

 

そして、文句や愚痴を言い、傷口をなめ合うような仲間が周りに引き寄せられ、失意のうちに人生の終末を迎えてしまいます。

 

反対に「ありがたい」と毎日のように言っていれば、ついている状態がずっと続くでしょう。

 

「楽しい」と毎日のように言っていれば、楽しいと言いたくなるようなシーンが毎日のように現れます。

 

そして、周りには気遣う愛情の籠った言葉「愛語」を話す人たちに、囲まれていく事でしょう。

 

「感謝上手」になるには、謙虚な気持ちが何より大事です。
神様に好かれるには、ただただ「おかげさま」と感謝する人なのです。

 

繰り返しお話しますが、口から出て来る言葉は、「言えば言うだけ、もう一度それを言いたくなるような現象が降ってくる」のです。

 

日々「おかげさま」と感謝し、「愛語」を発する人になりたいですね。
今日も最後までお読みいただき、有難うございました。

コメント

  1. いつも良い言葉を発するように気をつけたいものですね!
    悪い言葉は悪い現象を呼び寄せてしまいます。
    自然の摂理です。
    良い言葉を発して明るく楽しい毎日を送りたいものですね!
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。いつも良い言葉を発していると、良い事を引き寄せるというのが、どうやら宇宙の摂理のようです。
      反対も同様ですね。言葉には気をつけていきたいと思います。
      今日も『愛語』を沢山使って、素敵な一日をお過ごしくださいね

タイトルとURLをコピーしました