ゆーみんの『幸せの道標』⑮仲間を大事にすると人生が輝きます。

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

人生の後半を迎えた時、皆さんは何を大事にしていきたいと思われるでしょうか?
私も気がつけば、もうとっくに人生の「折り返し地点」を過ぎています。

 

でも、ある方の投稿で、とても勇気づけられました。
それは、『年齢なんてただの記号』という言葉です。

 

年齢は全く関係ない。
年下でも、年上でも、一緒にいて心が明るくなるような人は素敵な人。

 

そんな人は、心からリスペクトしちゃいます。
『もう年だから・・』としり込みをするのは、あまりにも勿体ない。

 

まだまだ誰かの為に、喜んでもらえる事は沢山あります。
それを見つけて、自分の出来ることを誠実にやっていくだけ・・・。

 

東京オリンピックでも、新競技の中でそれを感じさせてもらう場面が度々ありました。
例えば、スケートボードや、スポーツクライミング、BMXの自転車競技などです。

 

10代の若い選手が金メダルを取るなど、本当に日本は大躍進をしました。
勿論彼らの地道な努力と、その一生懸命さに感動しますが、もっとすごいのは、お互いを称え合う姿です。

 

インタビュ―などでも、『お互いをライバルというよりは、一緒に競技を楽しむ仲間という意識が強かった』と言っています。

 

そこには、相手を蹴落とそうとか、嫉妬心というような心は感じられません。
ただ、オリンピックという与えられた課題の中で、自分の出来ることを精一杯するという、一点の曇りもない境地だけです。

 

失敗しても、仲間が駆け寄り、直ぐにお互いを褒め合う姿勢。
そして、仲間が大成功した時は、自分の事のように喜ぶ!

 

そんな姿を見ていると、お互いを本当に認め合い、尊敬し、深い絆で結ばれているんだなと感じ、見ている側も清々しい気持ちになります。

 

まさにスポーツの原点を、新競技から学ばせて頂きました。
私達は成長したいと思うあまり、誰かよりも優れた存在でいたいと無意識で思ってしまいます。

 

でも、これからの時代は、「競争」よりも、「共生」が大事だと思います。
そして、同じ価値観を持って、「人の間で生きて幸せ」と思える「良き仲間」と一緒にいればとても幸せ。

 

「何をするか」ではなく、「誰とするか」も大事になってくると思います。
これから先も、「穏やかな人間関係を作る」ことに、目を向けていけたら幸せです。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. オリンピックでの新競技では、若い力を感じましたね!
    選手同士の讃え合う姿も印象的でした。
    新しいこと、新しい価値観を受け入れ、順応することはとても大切なことですし、新鮮なことですね!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      オリンピックの新競技で、教えられることが沢山ありました。新しい価値観をどんどん取り入れていきたいです。
      いつまでも新鮮な気持ちでいたいですね!!今日もコメントを有難うございました。

  2. 新しい発想、新しい概念はどんどん出てきます。ライバル達を仲間として讃え合う姿は、まさに新しいスポーツ像を見た思いですね!
    良いものは残し、そこに新しいものを調和させていく…素晴らしいことだと思います!
    今日も大切な気付きをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。良いものは残しつつ、そこに新しいものを調和させていく…素晴らしい考えですね。
      私の方こそ、新たな気づきをありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました