ゆーみんの「希望の扉」23 読書を習慣にすることが美徳の一つという話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

皆さま。おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は「読書が人を強くする」という言葉に出会いました。
本は、著者の長い人生と知恵が詰まっている宝庫です。

 

心掛けて、普段からそういうものに接していると、やはり何か困難や試練に出会った時に違ってくると思います。

 

慶應義塾を創設した福沢諭吉は、『学問のススメ』の中で、「天は人の上に人を作らず。人の下に人を作らず」と言った後、「しかし、差はある。それは学問があるかないかだ」と述べています。

 

その差を埋めるのが本であり、どんなに貧乏な家に生まれ、どんな僻地で育とうと、読書の質が変わらなければ、一向に引け目を感じることはないと言います。

 

しして、日本の英語学者の渡辺昇一氏は、人間の美徳はそれが習慣にならない限り、あまりあてにならないと言います。

 

「読書」にしても、それが習慣にならない限り、本当の自分の知恵とはなりにくいのです。

 

一時的なものすごい努力はなかなか続きません。
コツコツと、日々少しずつ続けることで、それが習慣となるような読書が出来たらいいですね。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 何事も習慣や継続が大切ですね!
    毎日コツコツ続けることは、必ず実になります。
    良いことは諦めずに継続させていきたいと思います!
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。良い事を継続していくと、必ず実を結び、いつか花開きますね。
      今日も前向きなコメントを有難うございました。

    • 「人間の美徳はそれが習慣にならない限り、あまりあてにならない」…深い言葉ですね!
      毎日コツコツ習慣化させて初めて実になるものですね。
      小さなことも大切に続ける謙虚さを持ちたいと思います。
      今日も気付きのブログをありがとうございます!

      • ゆーみん ゆーみん より:

        小さい事も大切にする、毎日コツコツ続けていくと、後でとても大きなご褒美がもらえますよ。
        それには謙虚さがとても大事ですよね。私も堅強な心で「おかげさま」を大事にしていきたいと思います。
        コメントを有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました