新しい時代の波に乗ろう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

昨日は−2℃で、雪が降るとても寒い一日でした。
車の窓も、短時間の間に雪が20センチつもり、直ぐに動きません。

朝から雪かきをするのは慣れたけど、とても重労働です。
雪まみれになるし、手が凍りそうに冷たくなります。

 

でも、雪があるから晴れの日の喜びが増します。
毎日お天気だったら、それが当たり前と思う事でしょう。

 

通勤や通学には不便ですが、寒さを我慢する生活をすると、春への期待の気持ちがより大きくなりますね。

 

不平や不満を言わないで、自然と共に生きようとすると、自分がいる環境の中で楽しい事がどんどん生まれてきます。

 

喜びの種を見つける達人になりたいですね。
凡人な私は、他の人以上に努力が必要かもしれません。

人と逆の事をしてみよう

今日は、#千葉修司先生の朝活で、「運」が全てという話を聞きました。
皆さんは「運」の存在を信じますか?

 

心の中で、「運」は大事だよね…って心で思っていても、運が良くなる行動をやっていない人が、正直いるのではないでしょうか?

 

なぜ今、運が良くなることをした方がいいかというと、この時代が
20年間に120年分の変化をする時代だからです。

 

世の中のテクノロジーが進化し、価値観が全く変わってしまうのに、考え方を変えていかないと、その波に飲み込まれてしまうからです。

 

多くの人は、何が起こったのかさえ理解できないと言います。
勉強して実践していかないと、運は下がってしまうのです。

 

では、どうしたら運が良くなり、時代のスピードに乗ることが出来るのでしょうか?

 

🍀それは、運が良くなる考え方を普段から身につける事です。
どんなピンチが来ても、それに慌てない心構えを普段からする事です。

 

アメリカの作家、アールナイチンゲールはこんなことを言っています。
💎世間一般の行動を観察し、その逆をとれば人生で間違う事はない

 

世の中は、みんなが成功している訳ではありません。
でも、成功者は、どこかで普通の人と違う事をしています。

 

「人と同じ」で満足せずに、本当に大切な事に集中しているのです。
では、どんな事が良いのか例を挙げてみましょう。

 

💎ライバルが遊んでいる時に勉強する
💎人気が落ち、世の注目を浴びなくなったものの中から、価値があるものを見つける
💎「定期的な運動と食事」という、「分かっていても実行が難しい事」に取り組む。
💎「会社を辞めて独立する」といった、誰もが語るだけで実行しない夢を実現させる

 

この中の、どれか一つでもやってみたら良いのではないでしょうか?
世間と真逆の事をすれば、不安や孤独も増大していく事でしょう。

 

でも、志を持って、信念を貫こうとすれば、周りは力になってくれると思います。

 

では、次に人が見向きもしなくなったものの中に価値を見つける具体例を聞いたので、シェアしたいと思います。

100年前の瓦が宝に変身!

北海道に、青山邸という、大正時代に作られた立派な屋敷があります。
30億というお金がかかっている実に素晴らしい建物だそうです。

 

北海道の小樽では、ニシン漁が盛んで、ニシン御殿と呼ばれていると聞きました。

 

その屋敷の瓦が「若狭瓦」を使っており、100年前の瓦だそうです。

 

福井県の若狭地方に伝わる手作りの手焼き瓦は、雨風の風雪にも耐えて、今もお屋敷を立派に支えているのです。

 

日本で100年前に栄えた伝統的な瓦・・・。
でも、そのお屋敷を訪ねると、古くなった瓦が売ってありました。

 

さて、この瓦のお値段は一体いくらだと思いますか?
何と、瓦の値段は「550円」です。

 

立派な価値ある瓦でも、人はなかなかその中に価値を見出せません。
購入しますか?と聞かれたら、私はきっと買わないでしょう。

 

でも、その瓦に付加価値をつけたらいかがでしょう?
「100年の風雪を耐え忍んだ強運の瓦」として、外国人向けに売ったり、料亭でお皿の代わりに使い、生命力の強さをアピールしたら、どうでしょうか?

 

550円の瓦が、もっと大きな価値を生み出す宝になるような気がします。
天才というのは、人が見向きもしないものに、価値を見出すことが出来るのですね。

 

もしかしたら、宝を生み出すチャンスは色んな所に転がっているのかもしれません。

 

いろんな見方で、人と違う事に注目し、チャレンジする人が今後も多くなっていくような気がします。

まとめ

新聞にも出ていましたが、今は企業も家も「守り」に入り、現貯金の額が100兆円に上ると言われています。

 

貯金をする人がとても多いですね。
それは、何のためにするのか・・?

 

きっと豊かな老後を過ごすために、少しでも残したいという思いの結果だと思います。

 

将来に備えて準備をするのはとても素晴らしい事だと思います。
でも、お金を生かす事を考える事も必要です。

 

パソナという人材を派遣する会社が、東京の丸の内にあった本社を、なんと淡路島に移しました。

 

今後の会社の存続を考え、社員の健康を気遣い、会社が決断した大きな一例だと思います。

 

人と違う事をすることは勇気がいります。
でも、自ら進んでその道を選ぼうとしている人は沢山います。

 

「自ら反(帰り)みて縮(なお)くんば、千万人と言えども、吾(われ)往かん」(孟子)

我が身を振り返ってみて、この道で間違っていないと確信したら、1000万人が反対しようとも、私はこの道を行くという意味です。

 

これは吉田松陰が好んで使っていた言葉です。
これからは、いろんな場面で決断が必要ですね。

 

運の良い人になりましょう。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. ライバルが遊んでいる時に勉強する…本当にその通りですね!
    僕はあるスポーツをしていましたが、大学時代は全国でも強豪校だったため、ハードと口で言い切れぬほどのハード練習をしました。
    しかし、皆、チャンピオンを目指す仲間でありながらもライバル。汗も出し尽くしたヘトヘトの状態で練習を終えたあとに、ライバルに勝つための秘密の練習が始まります。皆、様々な隠れた練習をしました。僕は女子高のコーチをしてました。
    勝つための努力は、人のいないところでやるのが常道です!でもそれでも勝てないのが、勝負の世界の厳しさです。
    今日はそういう若き頃を思い出しながら読ませて頂きました。
    今日も素晴らしい投稿をありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。学生時代、相当ハードな練習をされたのですね。
      人に勝つためには、目に見えない所で、想像を超えた練習の積み重ねがあって、
      きっと勝利を手にすることが出来るのですね。
      それでも、勝負の世界では負ける事がある・・・。
      でも、運の世界では、宇宙の法則に乗って生きると、とても楽になります。
      それが「悟り」の境地かもしれませんね。
      今日もメッセージをお寄せ下さり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました