マイナスを乗り越えてこそ、より幸せに生きるヒントが見つかります。

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク
  • 皆さん、こんにちは。ナンバーインスピレーションカードセラピストのゆーみんです。

今日もテレビをつければ、毎日のように新型コロナのニュースに溢れていますね。

私はあまりこの話題に触れたくないのですが、TVをつけると勝手にネガティブな情報が入ってきてしまうので、最近はなるべくニュースとかを見ないで、なぜ2020年に入って、こんな不安定な状況に右往左往させられる状況になったのか、自分なりに考えていく時期なんだろうなと思います。

私は、自己啓発といわれる本を沢山読んできましたが、一番印象に残っていることは、自分の身に起こることは、自分の心の投影であると書かれていたことです。

では、新型コロナが世界的に起きていることは、私たちの心が創り出したものなのでしょうか?

それは絶対に違うと思いますが、みんなが不安を感じて過ごすことで、(目に見えない形で)その意識の集合体が、現実の世界に投影されていくようになるのではないかと思います。

そんなことを考えている時、日本の歴史的に大きな流れの中で見ると、30年ごとに大きな転換期が繰り返されているといったある動画に出会いました。

それを要約すると…

1870年代~ 江戸時代から明治の世の中に代わる(鎖国から近代化、西洋化の変化)破壊
1900年代~ 日清戦争 日露戦争(ある意味日本の繁栄の時代)
1930年代~ 大東亜戦争勃発 (第二次世界大戦)破壊
1960年代~ 日本の高度成長期を迎える 繁栄
1990年代~ バブル崩壊(失われた経済成長)震災などの災害 破壊
2020年代~ 東京オリンピック???繁栄

変化の時は、今までの常識や理念は破壊されて、大きな時代の転換期となり、その後の30年間は繁栄が続くという歴史の繰り返し…。
こんな感じで語られていました。

うーん。正直考えさせられましたね。こんな風に動いているのかと驚ろきました。

では、なぜ2020年からは繁栄となるはずのこの時期に、世界的に人々が脅威にさらされる
社会現象が起きているのでしょうか?
私は神様ではないので、その事柄が示す本当の意味は分かりませんが、私の個人的な見解では、
世の中が大きく発展し、良くなるための前触れとして、大きな試練があるのかな?と思っています。

それは働き方の改革であったり、今まで正しいと思い込んでいた一般の常識が見直され、健康に注意したり、自分だけが良ければよいという、心の在り方を考え直せという、大きなメッセージかもしれません。

勿論、不要不急の外出は避けたり、大勢が一度に集まるようなイベントに行かないという選択肢はある意味効果もあるだろうし、家の中で出来る活動を増やすという事も、とてもいいことだと私は思います。

それを取り入れながら、歴史の意味を紐解くのも、これからを生きる上で参考になることがあるのではないでしょうか?

時代の変革期に大切な事

幸せに今を生きる事で何よりも忘れてはいけないのは、自分の軸で物事を考え、人のせいにしたり、社会のせいにしないという事です。
テレビだけの情報を見ていると、不安だけが増し、それが見えない恐怖となり、今自分が何となく満たされていないのは、世の中が悪いせい・・・、病気が流行っているせい・・・、上の人が自分たちの事情をちゃんとくみ取ってくれないせい・・・。

こんな感じで、自分は全く悪くない、悪いのはほかに原因があるからだと無意識的に思ってしまいます。

でも、それでは現実は変わらないし、何もいい事はないですよね。

こんな時だからこそ、人の気持ちが明るくなり、希望を見いだせるような言葉や態度、行動が必要になってくると思います。

そんな中で、ビジョン心理学という小さな小冊子を見つけたので、ここでシェアしますね。

皆さんは「真の幸せ」と言ったことに対し、どのような考えを持っているのでしょうか?
お金=成功者=幸せ??

確かに仕事での成功もお金も、人生において大切であり、1つの幸せの要素ですが、それがすべてではないように思います。
特にバブル経済が崩壊してから、仕事の成功やお金だけをがむしゃらに追っかけてきた来た人たちの不幸な事件、出来事が続出し、大企業の経営者の犯罪もニュースに取り上げられてきました。

これは、20世紀から21世紀になって大きく価値観が変化したからだと思います。

これは、誕生数秘学的に言うと「1の時代」から「2の時代」に移ったということになります。

1の時代と2の時代の違いとは何か?

これは単純に、1000年代と2000年代以降に分けて数字で表しています。

「Ⅰの時代」とはどのようなものでしょうか?
時代の流れも、最初に来る数字の影響で、考え方、価値観、環境などが変わってきます。

トップ、NO1、男性性
能動、エネルギーは外に向かう
競争社会
強さ、意志力、向上心
目に見えるものを信じる物質社会
地位、名誉、お金、車、マイホーム
不動産、株券
アナログ
サイクル1  2008年9月(リーマンショック)

 

2の時代(2000年から2999年)

個を大切にする時代、ONLY1を目指す、女性性
受容、受け入れる、エネルギーは内へ向かう
共に、コラボレーション
調和、協力、柔軟性、二極性と統合
目に見えないもの(精神主義)
心、ゆとり、精神性、ありのまま
電子マネー、暗号通貨、クラウドファンディング
デジタル、インターネットの発達、SNS
サイクル2  2008年10月 (ビットコイン)

主にこんなことが挙げられると思います。
この変化に気付くだけでも、これからの時代にどう対応していったらよいのか、大きなヒントを掴むことが出来ると思います。

まとめ

これからの時代は、「仕事で成功しより多くの収入を得れば、社員も家族も喜び、人間関係が良くなり、心が幸せになるはずだ」という、少なくても戦後の高度成長期を支えた古い考え方では、対応できなくなってくるでしょうし、そのことは多くの人が気づいていることだと思います。

では、どうしたら良いのか…。

2の時代では、大きく価値観が変わり始め、特にぞろ目の2020年以降はそのことに拍車がかかることでしょう。

新型コロナウイルスという、人類がかつて経験したことがないようなウイルスの恐怖にさらされ、世界が混乱状況にあるのも、もしかしたらこの世の中が、もっと良くなっていくために生じる変革期にあたる痛みなのかもしれません。

だから今はむやみに恐れるのではなく、やれる防衛をしっかりやったのちは、心豊かに楽しく過ごす事を心掛けたほうが良いかもしれません。

これからは、ますます便利で昔とは考えられないくらい良い時代になっていきます。

そしてこれからは、今まで当たり前だった価値観が崩壊し、心を丁寧に扱う事が大切になってきます。

21世紀(これからの価値観)
心   →人間関係   →現実(仕事・お金など)

心が幸せになれば、人間関係が良くなり、より良い人間関係が仕事を成功させます。

私が思う幸せな成功者とは、ワクワク楽しく、情熱的に仕事をして実社会で成功し、優しくて愛にあふれた人間関係を築いている人を想像しています。

つまり、実社会の成功と幸せな人間関係とのバランスが取れた生き方を目指す事が、これからの人生を生きる上で、最も大切な事になってくると思います。

自分自身の本当の心の声に耳を傾け、自分の心を丁寧に扱う事がこれからますます必要になってくると思います。心が不安や恐怖に襲われたとき、心を扱うカウンセラーやセラピストの役割がこれから必要になってくる時代が来たのかもしれません。

今日もお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました