ゆーみんの『幸せの道標』98 感謝をすることが、人格を磨くこと

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

人は様々な経験を通して幼児性が抜けていき、一人前の人間として大きく成長していきます。

 

どんなに大変な状況であっても、チャンスを頂いていると考え、『自分はツイている』と考えられたら、人は大きく成長します。

 

小林正観さんの言葉を借りると、大きな試練にあった時、その出来事を『有難き事』と感謝して、『ツイてる、ツイてる、ありがとう』と言えるようになることが、人間を磨くことになります。

 

そしてどんな人であっても、相手を尊重し、尊敬する念が必要だと仰っています。
例えば夫婦は、お互いを磨き合う『砥石』になると言います。

 

互いに近すぎず、お互いに適度な距離を保ちながら、思いやりを持って相手の立場を尊重することが必要です。

 

まずは自分が尊敬される人になれるか、常に自問自答する態度が必要ですね。
正観さんは、大人になるという事は、喧嘩をしないという事だと言います。

 

家庭というものは、ただ自分の思いを通すための甘える場所でも、ストレスを発散させる場所でもないのです。

 

幼児性を削っていって大人になっていく場所であり、その為に結婚があり、家庭が存在するのだそうです。

 

幼児性が強い人は、自分の思い通りにならないと、拗ねたり、当たり散らしたり、怒鳴ったりしますね。

 

また、我が強く、自分の好き嫌いを押し通す我慢が出来ない人となります。
それは、人としてまだ未熟だという事みたいです。

 

自分の幼児性を削り、自律した大人になっていきたいですね。
その為には謙虚さを持ち、どんな出来事も『感謝』して受け止める姿勢が大事です。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 幼児性からの脱却のために苦労があるのだと思います。苦労を乗り越えながら、一つ一つ大人に脱皮していくのでしょう。反社会団体などの構成員は指を切ろうが、刑務所に入ろうが、何も変わりません。幼児のままです。
    大人になってこの世の最後を迎えたいですね!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。幼児性の脱却が、この世の課題かもしれませんね。苦労を乗り越えながら、私も大人になっていきたいと思います。
      今日も素敵な一日をお過ごしくださいね。いつもコメントを有難うございます。

  2. 幼児性からの脱却は、①感謝できること②謙虚でいれるのと③忍耐できること…この3つがポイントになると思います!
    この世から去る時、大人として去っていきたいものです!
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。なるほど・・幼児性からの脱却は、『感謝』『謙虚』『忍耐』がポイントなのですね。
      分かりやすく教えて下さり、ありがとうございます。私もこの3つを意識していこうと思います。
      今週も宜しくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました