ゆーみんの『幸せの道標』87 人はどんな境遇でも学び成長できるという話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

イスラエルのヘブライ大学で言語学を教えている、イタリア系ユダヤ人のSさんという人は、20ヵ国語を操る天才です。

 

歴史にも造詣が深く、何を聞いても知っているという感じで、本当の天才とはこういう人の事を言うのだろうといった人格者です。

 

でも、彼の生い立ちは決して恵まれたものではなかったそうです。
彼は幼い頃に両親を失い、養父母のもとで育ちました。

 

でも、あまりに成績が良かったために、それに嫉妬した養父母の実子が、ある事件の濡れ衣を着せ、その結果Sさんは学校を転校させられたことがあったそうです。

 

教育熱心な学校から、風紀も良くなく、偏差値の低い学校に転校させられ、養父母の権威を恐れた学校側は、Sさんの為に何も手が打てない状態だったのです。

 

しかし、学校を去る時に、彼の才能を認めていた一人の教師が、こんなことを言ったのです。

 

これから君は、いい教師に恵まれる可能性は少ないだろう。一人で悩みを抱えながら過ごす事になるかもしれない。しかし、誰にも教えてもらう事が出来なくても、世界には多くの本がある。これからは本が、君の先生だよ。どの科目を学ぶのかも、どの先生に教えてもらうのかも、君の自由だ」

 

それを聞いて、Sさんは、胸が熱くなったといいます。
誰も味方がいないのであれば、まず本を味方にして、自分に力をつけていこう。

 

恵まれた環境がないなら、自分で環境を作らなければならない。
その為に本から学べることを学び切ろうと、彼は図書館に通い詰めました。

 

自分の見方はすぐ近くにはいないかもしれないけれど、本の中には絶対にいる」
こう考えると、前向きに色々挑戦していけたといいます。

 

逆境にあった時に、その逆境をバネにして、不平不満を漏らさず、今あるものに感謝して、常に自分を高める努力をした良い例と言えるでしょう。

 

Sさんのような素晴らしい方は、自分の逆境を磨き砂とする人なのだと思います。
どんな劣悪な環境でも、自分の勉強は自分ですることが出来るのです。

 

子供の頃に勉強する機会がなかったら、大人になってから勉強すればいい。
本を先生として、幾つになっても自分を高める人でいたいですね。

 

人や環境のせいにしないで、Sさんのように常に謙虚に学ぶ姿勢を持ち、成長し続ける人でありたいなと思います。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. どんな環境でも学ぶことはできる…本当にそうですね!
    高校時代、東京六大学の某校に進学しようと希望した時、父に勉強はどこでもできるからと、近場である仙台の国立、私立各一校ずつの入試にさせられたことを思い出しました。
    高校の先生からも〇〇大学なら大丈夫だからと太鼓判を押されていたので、当時は残念でしたが、今になって思えば、勉強はやる気さえあればどこでもできる…という父の言葉がよく理解できます!
    取り止めのない話となってしまいました。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。高校時代、東京に進学したい気持ちはあったのに、お父様の言葉で、近場の大学を選ばれたのですね。
      当時は残念な気持ちもあったでしょうが、お父様の仰ったことは、やはり正しかったのですね。
      素敵なエピソードを聞かせて頂き、本当に有難うございます。私もすごく学ばせて頂いています。
      今日も素敵なコメントを有難うございました。

  2. よく、できない理由を環境のせいにする人がいますね。
    でもそれは、責任から逃避してるだけなのだと思います!
    ヘレン•ケラーのことを思い浮かべると、環境のせいにするって恥ずかしいことだなと思ってしまいますね。
    自分もそういう責任転嫁がないか、よく反省してみたいと思います!
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。仰る通りですね。出来ない理由を環境のせいにすることなく、自分の出来ることをもう一度見つめ直したいと思います。
      お互いに頑張っていきましょう。今日もコメントを有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました