ゆーみんの『幸せの道標』94 前向きな姿勢が幸せの秘訣という話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

『疲れた人は、暫く道端の草に腰を下ろして、行く人を眺めるが良い。人は、決してそう遠くへは行くまい』という言葉があります。

 

ロシアの作家、ツルゲーネフの言葉です。
私達は人から遅れを取った場合、とても不安になるものです。

 

でも、ツルゲーネフの言葉によると、仲間は実はそんなに遠くに行ってないのです。
そんなに取り残されたと思う事はないのです。

 

例え受験に失敗したとしても、入学してみれば浪人と現役はさほど区別がなく、受験に失敗したことは、長い目で見れば重大事ではないと思うようになります。

 

仕事も同じで、医学部を出て大学の教授になり、皆の羨望の的になっても、定年を迎えて大学を去ると事情が一変し、良い仕事に転職するのが難しくなったりします。

 

教授になれずに開業して、「遅れを取った」と落胆していた人の方が、実は定年後に安定した仕事についていた・・という事にもなるのです。

 

人生は何が起こるか分かりません。
ツルゲーネフの言葉は、「休んでもいいから焦るな、先の事は分からないから、自分の為すべきことに専念せよ」と教えてくれます。

 

先頭を走ることは、同時に気をつけなければいけないことも沢山あります。
まっすぐに伸びた木は良い木材になるので、最初に伐られてしまうものです。

 

美味しい水の出る井戸は、真っ先に飲みつくされてしまうものです。
常に奢ることなく、謙虚な姿勢で物事を見る姿勢が大事なのではないでしょうか?

 

常に誠実に、謙虚に、そして前向きに人生をとらえていけば、人に遅れを取ったと思うことなく、幸せを感じることが出来るように思います。

 

心に余裕をもって、謙虚な態度で目の前の事に集中していきたいですね。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 功を急いで失敗することは往々にしてありますね。
    人生で成功したか失敗したかは、この世を去る時にわかるもの…焦らず急がず、しっかりと地に足をつけて、日々を一生懸命生きたいものです。
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      人生に成功も失敗のない…ただ経験が残るだけですね。焦らず、騒がず、日々の行動を、しっかりと地に足をつけていこうと思います。
      今日も励ましのコメントをありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました