開運への導き㉖-「創造する力を身につけよう」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は「自分の頭で考える」とはどういうことか、考えてみたいと思います。

自分の頭で考えるとは?

映画「今を生きる」の中に、ロビン・ウィリアムズが演じる全寮制学院の新任英語教師キーティングが、教科書のページを破り捨てるように学生たちに言い放つシーンがあります。

 

それは、ある詩について、有名な博士が評論をしているページでした。

 

キーティング先生はこんな風に言っています。

本を読むときは、作者の意図よりも、自分の考えを大切にするんだ」と。

 

彼は学生たちに、生きていく上で、「自分で考える事」の大切さを訴え続けたのです。

 

私はこの話を聞いて、深い感銘を受けました。
私は、何かあるとすぐに誰かに答えを教えてもらいたくなります。

 

確かに人に答えをもらう事の方が簡単だけど、それに流されて、
分かったつもりになる方が良くないのかなと思いました。

ココシャネルの名言

「自分の頭で考えるのは勇気のいること」(ココシャネル)

 

こんな風にココシャネルも言っています。
彼女の言う通り、本当に勇気のいる事だと思います。

 

そして、自分の意見を堂々と主張する事は、更に勇気が必要ですね。
でも、それがとても価値ある事なんです。

 

「検索」という行為によって、今やどんな疑問にも直ぐに解決策が出て来る時代です。

 

でも、それは人生の答えではありません。
「自分で答えを見つけること」がとても必要なのです。

 

まさに、創造するという芸術家の専売特許だった能力が、
誰にも必要な時代になっています。

 

これからは、学校も授業も、社会においても「自分の頭で考える人」が求められて来るように思います。

 

AIやロボットに負けないように、自分でまず考えようとすることが必要ですね。

 

でも、自分の考えを押し通すのではなく、やはりそこには他者への思いやりや、謙虚な心が必要だと思います。

 

人間関係を円滑にするにはどうしたら良いかを、ちゃんと考えるべきだと思います。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

コメント

  1. 一つの言葉でも、解釈は三者三様ですね。ですから、自分でしっかり判断して解釈をするって大切なことだと思います!
    そして、こうしろ、あぁしろと自分が宣教師にでもなったかのように言う人がいますが、それこそ解釈は三者三様。こう思うけど、どうですか?という謙虚さが必要ですね!
    今日も気付きの言葉をありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。「私はこう思うけど、どうですか?」この聞き方はとても素晴らしいですね。
      私も日常の中で取り入れてみます。私の方こそ、いつも新しい気付きをありがとうございます。

  2. 良い考え、良い判断、良い行い…目標にすべきことですね。由美さんのブログの言葉はいつもたくさんの気付きを与えて下さいます。
    いつもありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      ありがとうございます。全て、自分の心がどういう方向に向いているかで、運も変わってくるように思います。
      私も自分の行動を反省しながら、一歩ずつ進んでいきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました