本当の損得とは?

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は、日曜日、どんな朝を迎えましたか?

今日も、4時半に起きました。
コロナがやってきてから、色々社会に大変革が起こっていますが、個人的にも今年は大きく変わるチャンスになりそうです。

 

だって、週末に4時半に起きるんですよ!!
ほとんど変人ですよね。

 

理由はたった一つ。
昼間は暑くて、体力を消耗して歩けないのと、朝1番がとても気持ちいいからです。

 

虫もいないし、涼しいし、人がいない公園を無心で歩いていると、だんだん体が目覚めてきます。

 

まだ、うっすら暗いのですが、夜明け前は素晴らしい神秘的な光景が広がっているのです。

 

そのうち5時過ぎてくると、ポツポツ人が増え始めるので、4時半の公園を独り占めしている感覚は、すごく独占欲が湧きます。(笑)

 

そんなこんなで、朝散歩で1時間7000歩から8000歩を目指していると、エネルギーが自然と湧いてくるんですよね!

 

体中がらじんわり汗が噴き出してきて、頭がすっきりします。
この感覚は、やってみて初めて体験した事でした。

 

もしも、朝散歩やファステイングに興味のある方がいたら、メッセージ下さいね。
魅力を沢山お伝え出来ますよ(^^♪

組織人としての在り方

さて、今日はちょっと趣向を変えてお伝えします。
皆さんも色んな所で働き、組織の一員でいらっしゃることと思います。

 

では、組織人とはどういう成り立ちがあるのでしょうか?
組織人として考えた場合、次の4つの段階があるそうです。

  • リーダー
  • 人材
  • 普通の人
  • 足を引っ張る人

1のリーダーは2の人材を集めて、上手に指示が出来、適材適所に人材を配置できる人。

 

2の人材は、自主的で、責任を持って、仕事が出来る人。

 

3の普通の人は、始業時間から就業まで、言われたことだけを行い、仕事以外の趣味やレジャーで自己実現を願っている人。

 

4の人の足を引っ張る人は、懸命に働いている人の悪口を言う人の事。

 

さて、この中に当てはめるとしたら、自分はどのタイプに入るのでしょうか?
私は、どう考えても、「普通の人」でした。

 

でも、今は2番の「人材」になりたいです。

 

そして、1と2になる人の為の処方箋があるのでシェアしますね。
これは、聞いて損はないと思います。

 

①人のアドバイスを聞く

 

②知らない事を知るために常に勉強する

 

③勉強したことを即実践に移す

 

④出来るだけプラスの発想を癖付ける

 

この4つが必要みたいです。

 

そして、もう一つ、1と2の人になる為には・・・

 

誇り」を持つことが必要です。

 

特に、生まれ育っ国や故郷・・

 

自分を生んでくれた両親・・

 

そして、何よりも「自分自身」・・

 

自分を大切にしたほうが良いです。
自分の良い所も、そうでない所も・・・

 

丸ごとぎゅっと抱きしめて、自己肯定感を上げることが大切です。
皆さんも、是非、自分に誇りを持って、毎日を楽しんでください。

本当の損得勘定って?

もう一つ小林正観さんがこんな話をしていました。
小林正観さんは、ほぼこの価値観で生きていたそうです。

 

すごく感銘を受けた話なので、是非参考にしてね。
神様は面白がった人に味方する」という話です。

 

でも損得勘定って、なんかずるい感じがしませんか?
私もずっとそんな風に思ってきました。

 

実は、本当の損得勘定はそういうものではないのです。

 

面白い事に、損得勘定が完全に頭に入ってしまうと、人間は声を荒げなくなるそうです。

 

それって、知りたくないですか?
本当にイライラしなくなるんですよ!

 

声を荒げイライラすると、人間は自分で毒素を出して、その毒液が五臓六腑をどんどん痛めつけます。

 

誰が一番損をするかというと、その言葉を発した本人です

 

人間が怒った時は、自分で気付かないだけで、実は毒気をはいています。
不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句(五戒)という否定的な感情が、肉体を蝕むのだそうです。

 

 

皆さん、知っていましたか?
これを聞くと本当に怖いですね。

 

宇宙の方程式によると、「つらい」「悲しい」と言ったネガティブな言葉が、体内の水の細胞を破壊し、それが病気を招いていくのです。

 

言葉の持つ力は大変なものなのです

 

だから、本当の得を得たいと思ったら、怒らず、不平不満を言わず、ネガティブな感情を持たない方が、結局自分の為なんですね。

 

他にも正観さんはこんなことを仰いました。

人生おもしろがった人の勝ち

神様は面白がった人に味方するのです。

 

言葉は薬にもなるし、毒にもなります。

だからこそ、愛ある言葉、人を温かくする言葉を多用し、何でも面白がってみる癖をつけていきたいですね。

 

今日も最後までお読みいただき、本当に有難うございました。
皆様も素敵な連休をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました