純愛を知ることの意味

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は、短いエッセイです。
私の今の思いを書きます。

 

今日朝活で、鹿児島の知覧で、70年前に戦争で飛び立った特攻隊員の話を聞きました。

 

これは作り話ではなく、真実の話。本当に涙なしでは聞けませんでした。

 

日本を愛し、日本を守るために、愛する人や家族を置いて、知覧から沖縄に向けて飛び立った若者が沢山いたのです。

 

日本の為に、一番尊い命を犠牲にしてくれたという事は、
彼らは「私の為」に命を捧げてくれたのです。

 

そんな事も知らず、関心も持たず、のほほんと生きてきた私・・。
本当に恥ずかしいと思いました。

 

私は若い頃、キリスト教と縁があり、教会にも通い沢山神様の話を聞きました。

 

その中で、神の子イエスキリストが、私たちの罪を背負って十字架にかけられ、ゴルゴダの丘で処刑されるという事実を聞き、本当にショックでした。

 

イエス様は何も悪い事をしていないのに、私たちの罪を背負い、それを許し、亡くなったのです。

 

私は、知覧の特攻隊員、そして、全国各地から飛び立った特攻隊員は、まさにイエスキリストと一緒だと感じました。

 

日本を守るために、愛する人を守るために・・・
それは、まさしく純愛と言っていいと思います。

 

その気持ちを軽んじて、この世に当たり前のように生きてはいけないと思いました。

 

私も、生かされている事に感謝し、日本の為に何かをしなくちゃ・・・・
心からそう思いました。

 

私は、今自分の健康や家族の健康を守る事、そして、真の健康を手に入れるとはどういうことか、毎日勉強しながら、それを仕事にしていこうと決めています。

 

若くして、戦地に赴き、生きたくても生きられなかった人の分まで、しっかりと生きる事が私の使命。

 

そして、命の大切さを伝え、正しく健康を維持していくにはどのように行動すればよいか、伝えなくてはいけないって思いました。

 

日本の医療費を下げ、一人でも多くの若者が、人や自分により関心を持ち、命を大切にすることが出来るよう、見本となる大人に成長していきたいと思います。

 

今日は、素直な自分の思いを書きました。
最後まで読んで頂き、本当に有難うございます。

コメント

  1. 若い特攻隊員達が、国のために、その運命を受け入れ、自ら志願して命を捧げたことを決して忘れてはいけません!
    有難いことに、来年からは、そういう英霊達の御霊を慰霊することができます!
    機会がありましたら、是非靖国に行きましょう!
    今日も気付きをありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました