私が減食は必要だと思った理由

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

昨日はnoteに、記事を投稿しました。
毎日、少しづつ活動範囲を広げていきます。

 

今日は、私がダイエットを続けようと思った理由を書いてみますね。
良かったら、最後までお付き合いください。

減食のすすめ

皆さんは、一日何回食事をとっていますか?
あるいは、一日何食食事をとるのが、健康にいいと考えていますか?

 

私は7月後半から、一日2食の減食を続けていますが、中には心配して下さる人もいます。

 

「一日3食が、健康の基本だよ」って・・。
確かに、今の日本では「一日3食」を守っている人が多いです。

 

NHKが2016年に実施した「食生活に関する世論調査」でも、「3食」と答えた人が最も多く、81%を占めていました。

 

でも、「一日3食が理想的である」という考え方に、確固たる裏付けはないのです。
では、その理由をいくつか挙げてみましょう。

一日3食の習慣は、つい最近である

日本で一日3食の習慣が広がったのは、比較的最近の事です。
文献によると、江戸時代までは、武士や大工などの肉体労働者以外は、一日2食が一般的だったそうです。

 

消費カロリーは個人差がありますが、基礎代謝量(生きる上で必要な活動に消費するエネルギー量)は、30歳から49歳までの男性で1500キロカロリー、女性で1170キロカロリーであると言われています。

 

運動によって、消費するエネルギー量を加えても、成人が一日に必要とするカロリーは、現在では1800~2200キロカロリー前後であると一般的に考えられています。

 

ただでさえ運動不足傾向が強く、消費カロリーが少ない現代日本人は、わざわざ一日3回の食事によって、大量のエネルギーをとる必要はないのです。

 

食事をしただけなのに疲れてしまう、だるくなるという人は特に要注意です。
でも「食べ過ぎ」が慢性化している人にとっては、ピンと来ないかもしれません。

 

それくらい、人は食べ過ぎているという事に案外気づかないのです。

 

でも、皆さんの中で「食べた後、疲れを感じたり、だるくなったり、眠くなったりする」という人はいませんか?

 

もし、一つでも心当たりがあれば要注意です。
あなたは「食べ過ぎている」可能性があります。

 

食事の後、消化の為、血液が胃腸に集まり、血糖値も上昇するので、少しくらい眠くなったりするのは仕方がありません。

 

しかし、疲れやだるさ、眠気がひどい場合は、「食べ過ぎている」「胃腸をはじめとする内臓が弱っている」可能性があります。

 

では、その理由を次にあげてみましょう。

あなたの胃腸は大丈夫?

もし、あなたが「無理なく消化できる量以上の物を食べている」としたら・・・。
あなたの体の中では、次のような事が起きています。

 

胃腸は、毎日酷使されていて疲れており、既に消化する能力が衰えている

 

すると未消化の食べるものが運ばれてくるので、腸にそれがたまり、腐敗し、有害物質が発生して腸内環境が悪化し、腸の働きが悪くなります

 

肝臓には食べ物を「解毒」したり、食べ物から得たエネルギーを蓄えたりしますが、食べ物が大量に、ひっきりなしに運ばれてくると、疲れてしまう。

 

このように、休む暇なく内臓を酷使すると、腸で発生した有害物質、肝臓で分解できなかった毒素は、体に様々な不調をもたらす可能性が高いのです。

 

食べた後に、眠気や疲れ、だるさを感じるのは、胃腸や肝臓が発している疲れのサインかもしれません。

糖分を取りすぎると・・

あなたは普段から、ご飯や麺類やパン、そして甘いものを常時口にしていないでしょうか?

 

糖分を取りすぎると、血糖値が上昇して、体に様々なダメージを与えてしまいます。
すると、元に戻そうとインシュリンが大量に分泌して、血糖値が必要以上に下がったりします。

 

その血糖値の急激な乱高低により、だるくなったり、眠くなったり、イライラしたりするのですね。

 

そして、血糖値が慢性的に高くなると、糖尿病を発症するリスクも高くなります。

 

もしかしたら、慢性的な眠気は糖分の取りすぎの可能性もあります。
食後の慢性的な眠気は、血糖値が上がっている証拠なので気をつけた方がいいですね。

まとめ

本来、食事というのは、
健康を維持するために、体に必要な栄養分を必要なだけ取り込むこと」です。

 

要は、自分の体を労わるのは、自分しかいないと言いたいのです。
私は開運セラピストとして、多くの方に笑顔になって欲しいのです。

 

でもその前に、自分を笑顔にし、自分が最高のパフォーマンスが出来るように、心身ともに健康でいなくてはなりません。

 

身体は日々の食事で作られていますし、体が欲するものを食べると、不思議と体が喜んで元気になってしまうのです。

 

そして、常に感謝の気持ちで食事をとることも忘れてはいけません。
元々命だったものを頂くわけですから、「ありがとう」の気持ちで頂く事を忘れないようにしましょう。

 

自分の体を大切にすることは、神様が最も喜ぶことです。
そして神様に代わり、この世で沢山の経験を積むために私たちは生かされています。

 

そう考えると、自然に体の一つ一つの内臓に感謝の気持ちが溢れてきます。
神様が作った体のパーツは完璧なのです。

 

でも、自分の体と時に勘違いしてしまうのですね。
だから、この辺りで反省します。

 

今まで、何も考えず、酷使してごめんなさいって・・・。
せめて、一日2食にすることで、疲れている胃腸を休ませようと思います。

 

成長期のお子さんや、やりたくない人には勧めませんが、減食の良い所は、食事をとらない方が結果的に細胞が若返ります

 

これをオートファジー効果といいます。
また、これについては別の機会にお話しようと思います。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今日もあなたを応援しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. おはようございます。
    オートファジー効果ですか?初めて聞く言葉です。
    次回また教えて下さい。
    確かに、体は自分の物という奢りが人間にはありますよね。僕も若い頃は暴飲暴食を続けてました。特に朝まで酒を飲み続けたり。
    神様から預けられた大切な内蔵を奢りによって、どれだけ痛めつけたか。でも大病を患って反省させられました。あの世に行かず、反省で留めて頂いて感謝しています。
    由美さんの言葉には気付きが多く含まれています。
    今は3食とっていますが、もっと勉強してみたいと思います。
    今後とも宜しくお願い致します!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      こんにちは!メッセージありがとうございます。
      大病を患って、初めて健康の大切さに気づかれたのですね。その気づきは素晴らしいと思います。
      体の一つ一つに感謝の気持ちを持てば、必ず体は良い働きをしてくれます。
      減食はその思いやりの一つです。直ぐに二食にしなくても、腹八分目にするだけでも、身体にとって負担は少なくなると思いますよ。
      これからも、お身体を大事にして下さいね。今後とも宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました