開運の導き㉕-「自分の心を見直そう」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今朝はこんな言葉に目が留まりました。
マーク・トウェインの言葉です。

ドリームキラーは身近にいる

夢をバカにする人間から離れなさい。
器の小さい人間ほどケチをつけたがる。
真に器量の大きな人間は、
「出来る」と思わせてくれるものだ。

生きていく中で、人の夢にケチをつけたり、
「そんなの無理」ってバカにする人がいます。

 

人生長く生きていると、必ず出くわす事がありますね。
私はそういう人たちを「ドリームキラー」と呼んでいます。

 

しかも残念な事に、その人たちは「あなたの事を思って…」と言います。

 

でも、本当は違うのです。
人の足を引っ張り、人の夢を奪おうとしているのです。

 

しかもドリームキラー自身はその事に気づいていません。
でも、そういう人に会うと、必ずやる気が削がれてしまいます。

 

その人たちの目ばかりが気になり、動けなくなってしまうのです。
だから、そういう人からは全力で離れなくてはいけません。

もしも出会ってしまったら?

でも、職場に居たり、一緒に過ごさなければいけない人だったり、
あるいは親族に居たりする場合だってありますよね。

 

全くの他人だったら会わない選択肢もありますけど、
職場の上司だったら毎日顔を合わせなければいけません。

 

すると職場を辞めない限り、ドリームキラーと接触しなければいけませんね。

 

そんな時は、こんな言葉を思い出してみてください。
クリス・コルファーの言葉です。

 

何度も何度も傷つけられたら、
相手を紙やすりだと思えばいい。
多少、擦り傷は受けれど、

自分はピカピカになり、
相手は使い物にならなくなる。

そう、相手は言えば言うほど使い物にならなくなるのです。
こちらは心が鍛えられ、ピカピカになります。

 

受け止め方に柔軟性を持っておくことも必要です。
だって私たちは、神様の分け御霊なのですから・・・。

 

器量の大きい人と、そうでない人を瞬時に見分けなくてはいけません。

 

器の大きい人は、素直で謙虚です。
そして、人をやる気にさせてくれる人です。

 

それが分かれば、器の小さい人から何を言われても、
少しは許す気持ちが湧いてくるのではないでしょうか?

 

今日も応援しています。
最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

 

 

 

コメント

  1. クリス・コルファーの言葉はホントにその通りですね!
    嫌な人間に関わった時、極度に嫌がったり、憎んだりしたら、こちらも同じ低俗な波長になってしまいます。
    そういう時は発想を変えて、これも自分を成長させることなんだ。神様は必ず乗り越えさせてくれる。有難いことだ。
    そういう風に考えて、プラス思考に持っていくことごできれば、人間としての幅がどんどん広がりますね!そういう素直で謙虚な人間になりたいものです。
    今日も素敵な気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      小笠原さん、おはようございます。ドリームキラーに会った時、相手の荒い波長に飲み込まれないことって大事ですよね。
      発想を変えて、プラス思考を心掛ければ、自然にそういう相手とは距離を置くことが出来るようになりますね。
      その為にも「素直さ」と「謙虚さ」が大事。私もそのことを日々心掛けるようにしたいです。
      いつも前向きなコメントをありがとうございます。

  2. いつも素敵なお話しをありがとうございます!
    夢を持ち、希望を持つて前進するって、とても大切なことですね。でも中には、誹謗中傷をする人も出てきます。
    でもそこで、「素直」に「謙虚」になることが大切だと思います!
    すると、きっと運が向いてきて、夢の達成を助けると思います!
    将来の素敵な夢に向かって一歩一歩、前に踏み出しましょう!

タイトルとURLをコピーしました