ゆーみんの『幸せの道標』⑫人と付き合う時は色眼鏡を外そう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

さて、私たちは実に複雑な人間関係の中にいます。
心にのしかかる不安や悩み、心配事の多くは、人間関係に絡んだものが多いですね。

 

しかし、人間関係のもつれのもとをたどると、きっかけのほとんどが『些細な事』であると言います。

 

例えば会議で上司とちょっともめたとか、自分との約束を友人がうっかり忘れたとか、こちらが挨拶したのに、きちんと挨拶を返してこなかったとか・・・。

 

どれも些細なことだったり、相手の一面しか見ていない場合があります。
でも、厄介なことに、そこで『色眼鏡』をかけてしまいがちです。

 

そして、それが先入観を持ってしまうきっかけとなるのです。
先入観を一度持ってしまうと、相手の「人物像」がそこで限定されてしまいます。

 

すると、本当は懐の深い人であったとしても、その『真』の姿をを見抜く事は、不可能になってしまいます。

 

禅では「色眼鏡をかけない」という言い方をして、先入観のみで人を判断する事を強く戒めています。

 

外部の「情報」により、相手の一面だけを見て抱いた嫌な感情だけで、全人間性を決めつけてしまったら、その人を見誤ることになってしまいます。

 

「一切衆生、悉く仏性あり」という禅語があります。
あらゆるものには、仏性という美しい心が備わっている、という意味です。

 

もし、あなたが色眼鏡を外したら、ふとした瞬間に、相手が垣間見せる仏性(真の姿)を見逃す事はないでしょう。

 

人に対するネガティブな評価の背景には、実は色眼鏡をかけた自分がいるのだということに気づきましょう。

 

それを外したら、相手の見え方はがらりと変わったものになるでしょう。
そして、その視線の先で、相手の仏性が次第にはっきりしたものになっていく事に気づきます。

 

悩まない自分でいるために、相手を色眼鏡で見る癖をなくしたいですね。
今日も最後までお読みいただき、有難うございました。

コメント

  1. 色眼鏡で見ることってありますよね。
    自分の好き嫌いや、経験値から、たぶんこういう人間だろうという予測…いろいろなものが混じり合って色眼鏡で見る心を作っているのだと思います。
    素直な目で見ることが大切ですね。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      やはり人は好き嫌いというものが、どうしても存在してしまうので、予測で判断してしまう事がありますね。
      そうすると、相手の本当の良さや、『仏性』が見えなくなってしまうので、私も気をつけていきたいなと思います。
      今日も素敵なコメントを、ありがとうございました。

  2. 人ってどうしても先入観でものを見てしまいがちですね。
    僕も若い時に営業で、ある工場に行った時、社長との面会を許されてお会いしたら、作業服に麦わら帽子で敷地の草取りをしてました。高級スーツを着て社長室の椅子に座っているものとばかり思っていたので、とてもびっくりしたことを思い出します。
    色眼鏡で先入観を持って人を判断してはいけませんね!
    今日も大切な気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      その社長さんは、とても素晴らしい方ですね。人間的な大きさを感じます。
      私も先入観で人を見る事がないように、気をつけていきたいと思います。
      コメントありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました