あなたの笑顔がきっと誰かを救います。

スポンサーリンク
潜在意識
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

昨日は、朝活で万人幸福の栞の第14条、
🍀「希望は心の太陽である」を学びました。

 

皆さんは心に太陽を持っていますか?

 

太陽が心に住んでいないと、辛い事や悲しい事があった時に、
直ぐに逃げ出したくなります。

 

心に希望があれば、「絶対に何とかなる!」って思えます。
でも、希望を持とうと思っても、直ぐに持てる物でもない気がします。

 

そんな時は、どうしたらいいでしょうか?
どうしたら、この世から自殺者を減らす事が出来るのでしょうか?

 

希望を持ちたくても、直ぐには思い浮かばない人がいたら、
是非このまま読み進めてくださいね。

私の心を救った宇宙の真実

毎週日曜日になると、決まって「万人幸福の栞」を多くの人達と共に勉強しています。

 

なぜなら私は自分の自己成長を望んでいるからです。
そして、社会の為に役立つ自分になりたいのです。

 

その為に勉強して、役に立つことがあれば行動していきたいし、
自分の考え方を常に修正したいと思っています。

 

その中で、私は家族間の人間関係で少し悩むことがあります。

 

普段はノーテンキで、あまり悩まない私ですが、
誰かが落ち込んだりすると、もろに影響を受けてしまうのです。

 

すると、感情がざわっとするので、他の事が上手くいかなかったり、
時々気がそぞろになって失敗したりします。

 

人のせいにはしたくないので、物事が自分の思ったように行かない時は、
自分を責めてしまいがちです。

 

こんなに頑張っているのに・・・
こんだけ時間を作ったのに・・・
自分は殆ど休めてないのに・・・

 

そう考えだしたら止まりません。
頭では、「頑張ろう」って思っても、次の展開が読めないのです。

 

そんな時に、万人幸福の栞を読みました。
悩んだ時は、この栞のどこかに必ず解決策があると言います。

 

そして、今日も見つけました!!
そこにはこんな風に書いてありましたよ。

 

  • 一時の苦しみ、しばしの痛み、それは更に大きく、いよいよ健康に進み高まるための、しばしのくらがりである。
  • これが去った時、夜明けのような光明の舞台が開ける。
  • 雨後のような晴れ晴れしさがめぐってくる。
    夜になったと言って、誰が悲しむものがあるか。
  • 休みの時が来たのだ。
    すでに明朝が近づいたのだ。必ず明日が来る。

時間は薬です。
時間と共に苦しみは癒されていきます。

 

そして、必ず朝が来て、永遠にくらがりにいる事はないのです。
この事が分かると、悩みや苦しみに振り回されなくなります。

 

🍀この世は陰と陽で成り立っています
とてつもない陰を経験した後は、とてつもない陽が待っているのです。

 

だから悲観せずに、希望の光を灯せば絶対に救われるのです。
まずは、苦しい状況の中で、明るい光を灯す努力が必要なのです。

 

その為にはどのようにしたらいいのでしょう。
どのようにしたら、希望を持ち続ける事が出来るのでしょうか?

志を持つ事

希望を持つためには、生きる目的の「志」が必要だと思います。
志があれば、自動的に希望もセットでついてくるのです。

 

でも、志って、自分の欲を満たすものであってはいけないのです。
誰かの幸せを祈ったり、誰かが喜ぶ事をしようって決めるのが志です。

 

でも、それって抽象的だし、なかなか本気になりづらいです。
志を持ち続けるって、実はとても普通の人には難しいように思います。

 

でも、それを潜在意識に落とし込むには、
宣言し続ける」しかありません。

 

毎日誰かに言い続け、その志に魔法がかかった時に、
必ず前途が開けて、希望の光を見出すことが出来るようになるのです。

 

誰でも出来る事を、圧倒的な努力で毎日やり続ける事。
これが希望の光を灯す、秘訣のような気がします。

 

✨「志」を言いまくる→「魔法がかかる」→自分の潜在意識に入れる
→自動的に希望が持てる

 

いかがでしょうか?
もし、皆さんも希望が重要だと思ったら、誰かにその夢や志を話してみてください。

 

きっと何かが変わります。

まとめ

さて、夢を持って「志」を語ると、
自動的に希望が持てるようになるというお話をしました。

 

そして、語ることと同時に、もう一つ大事なポイントがあります。
それは「聞き上手になること」です。

 

佐藤可士和さんという、ユニクロや日清、楽天など、
有名な企業のロゴを生み出す天才的なデザイナーがいます。

 

彼は、SMAPのロゴを考えて一躍有名になり、
今でもトップ企業のロゴをデザインして大成功を収めています。

 

この方は、夢を自由にトップの社長さんに語らせて、
それを整理してデザインを作ると言います。

 

老朽化した園舎を改装しようと、ふじ幼稚園の園長さんが園舎のデザインをお願いしました。

 

可士和さんは徹底的に園長先生の望んでいるものを聞き、
そのイメージを明確化していったと言います。

 

成功者は、自分が喋るよりも、相手に語らせてそれを整理し、
まとめていく事が仕事であると気づいている人なのです。

 

そして、その夢を聞いた後、あちこちの幼稚園を視察したと言います。

 

天才的なデザイナーであっても、本当に必要なものを探そうという姿勢は
本当に素晴らしいですよね。

 

さて、いかがだったでしょうか?
希望を心に持ち続け、人に明るい影響を与える人って素敵です。

 

でも、そのもとになっているのはやはり「志」であり夢(ビジョン)だと思います。

 

そして、それを宣言し続ける事で、それが本物となり、希望が持てるようになるのです。

 

今日も、明るく前向きに、心に太陽を持ち続けましょう。
希望は永遠の光となって、きっとあなたを助けてくれます。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 僕の座右の銘といえばおおげさですが、いつも心の基本として持っている言葉があります。
    それは、映画「風と共に去りぬ」に出てくる言葉…「Tomorrow is
    another day!」
    直訳すると、明日は別の日…日本的に要約すると、「明日には明日の風が吹く」…です。
    この世は常に試練の連続です。でもそれは、神様がいたずらしているのではありません。すべては、自分の望むこと。自分が必要だと思っていることですね。
    ですから、辛いこと、大変なことがあっても、悲観的になったり、取り乱してはいけません。当たり前のことが来た。さっ、今日も乗り越えよう。明日には明日の風が吹く。良いことが必ず待ってるはずだから!…いつもそう心に思うことにしています!
    由美さんの前向きな姿勢は、とても素晴らしいといつもブログを拝見しながら思っています!これからも是非頑張って下さい!いつも応援しています!
    今日も素敵な投稿をありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。『明日は明日の風が吹く』…本当に素晴らしい言葉ですね。
      風邪と共に去りぬは、私も若い頃に見て本当に感動した映画の一つです。
      今日をさっと乗り越えて、明日の風を信じていくってホントに心が明るくなるようです。
      自分の力を信じて、今日も明るく乗り越えていこうと思いました。
      今日も素敵なメッセージを、本当に有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました