開運への導き⑮ー「幸せの種を見つけよう」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

皆さんは「少女ポリアンナ物語」という小説を知っていますか?
私はテレビアニメで観ました。

 

今日はその小説から、人生に大切な事をシェアしたいと思います。

幸せの種を見つける

母を早く亡くした少女ポリアンナは、父からこんな言葉をもらいますした。

 

「どんな出来事の中にも、一つだけ良かったと思えるものを見つけなさい」・・・いつもこう聞かされて育ったのです。

 

だが、その父にも死なれてしまう。
孤児になったポリアンナ。

 

そして、そんなポリアンナの前に次々と悲しみや辛い事が起こります。

 

でも、ポリアンナはその悲しみ、辛さの中にも「良かった」と思えるものを見つけようとします。

 

そして彼女のこの姿勢は、周りの人々を喜びに変え、
彼女の人生を輝かせていく事になるのです。

 

発想ひとつで人生に彩りを与える彼女の生き方は、まさに「与える」生き方そのものだったように思います。

まとめ

人生は波があります。
バイオリズムとでもいうのでしょうか。

 

人生はいい事もそうでない事も、繰り返し巡ってきますよね。
でも、どんな事があっても一つだけいいことを見つけられたとしたら・・・?

 

9の嫌な事よりも、1の喜びに目を受けられたら・・・?
人生のものの見方が変わってくるように思います。

 

殺伐とした風景に一輪の花を見つけたら・・・
悲しみに暮れる毎日に、たった一言の優しい言葉をもらえたら・・・

 

私達の心は希望に輝き、明日への活力を生むことが出来るのではないでしょうか?

 

今日もたった一つで良いから、幸せの種を沢山見つけていきましょう。

 

今日も応援しています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. 神様はどんなに殺伐とした時代にも、必ず希望の種を蒔いて下さいます。
    東日本大震災の時、地震や津波でたくさんの人が亡くなりましたが、その日に生を受けてこの世に生まれてきた、たくさんの命もあります。
    悪い中にも良いことはたくさんあります。
    9つ嫌なことがあっても、1つの良いこと、希望を見つける…素晴らしいことですね!
    目の付け所によって、人の人生は180度変わります。
    良いことを見つける毎日を送りたいものですね!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      小笠原さん。おはようございます。人生の中に起きる出来事は、良い事ばかりではないけど、
      一つだけでも幸せだと思えることが見つかれば、希望を持つことが出来ると思います。
      感謝の中にいる人は、きっとそれを探すのが上手いのかもしれませんね。
      今日も素敵なコメントを、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました