開運への導き142~「怖れを手放して自分を大事にしよう」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日はあなたの潜在意識の奥にある、とんでもないものの正体というお話をします。

 

今日のお話は、斎藤一人さんのお話を参考にして書いてますので、どうぞご了承ください。

 

人には二通りの人がいます。
人は大きく分けて、「独裁者タイプ」「被害者タイプ」に分かれます。

 

独裁者タイプの人は、自分より目下の人に怒鳴ったりして、常に高圧的なのですが、自分より目上の人に対しては、何も言えなかったりします。

 

もう一つのタイプは被害者タイプ。
常に、「自分はこういういじめを受けているんです…」ということによって、相手から「同情」というエネルギーを奪います。

 

常に「始めに言葉ありき」だと斎藤一人さんはいいます。
「ツイてる、嬉しい、楽しい、感謝してます、幸せ、ありがとう、許します」・・・・

こういう天国言葉を言っている時は、人は愛で出来ています。

 

でも、不平、不満の言葉で、毎日を過ごしている人は、いつしか人を見下して優越感で自分を満たそうとします。

 

なぜそうなるかというと、その正体は「劣等感」なのです。
劣等感を持っていると、他人と自分とを比べて、自分が優位に立つことにより、自分の満足を得ようとするからです。

 

お金持ちが幸せになれるわけではなく、学歴があるから幸せになれるわけでもなく、高い地位についても、いつも上には上がいるからキリがないのです。

 

なぜ劣等感を持つのかというと、「怖れ」から来ていると言います。
小さい頃から、人と比べられたり、自信を失うような言葉かけをされる事によって、不安ばかりが植え付けられているのです。

 

そして、怖れを持っている時間が多いか少ないかで、天国に住んでいるか地獄に住んでいるのかに分かれます。

 

怖れが多いと、先ほどあったような「独裁者タイプ」と「被害者タイプ」に分かれてしまうのです。

 

ではどうしたら、「恐れ」から離れ、劣等感を持たずに済むのでしょうか?

 

神様は、この劣等感から逃れる最大の方法は、たった一つしかないと言います。

 

それは、「自分を尊重する事、自分を最大限に愛する事です。」

 

そして、完璧主義者にならないことです。
人にも、「よく頑張っているよね」って言ってあげる事が大事なのです。

 

必要以上に心配するのは止めて、自分も他人も尊重してあげる事が大切なのです。

 

「恐れ」は妄想だし、嘘だと一人さんは言います。
地獄言葉をやめて、天国言葉を使えば、心が闇から光に変わるのです。

 

だから、自分の事をそのままで尊重していきませんか?
365日天国言葉で、自分の周りを照らしましょう。

 

人を怒鳴ったり、人からエネルギーを取るのは止めましょうね。
ここは神様が作った最高の星なのだから・・・。

 

怖れの気持ちで暮らすのは止めて、自分を大事にしていきましょう。
怖れより愛を出せばいいのです。

 

まず自分が、「私がわたしを尊敬し、尊重します。」
こんな風に言う癖をつけて、エネルギーを怖れに使わないでくださいね。

 

神様はいつでも、どんなあなたでも認めて下さっているのですから。
私もいつも応援しています。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 独裁者的な人間は、他人に対する慈しみや憐れみを持てない人ですね。
    そして被害者的な人間は、感謝の気持ちの薄い人です。どちらも根は同じです。被害者的な人間の望む姿は結局、独裁者的な人間の姿だからです。
    渡辺和子の言葉に「誇り高き人間」にならなければいけない…という一節がありますが、人の一生は、まさに誇り高き人生を追い求めるべきだと思います。
    現状に感謝し謙虚な心で、人間らしい姿で生活したいですね。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      渡辺和子先生の言葉は、とても素晴らしいですね。シェアして下さり、ありがとうございます。
      人の一生は、「誇り高き人生を追い求めるべきである」…心に刻んで、感謝の心で生活したいと思います。
      素敵なコメントを、今日もありがとうございました。

  2. 独裁者タイプは、人を蹴落としながらのし上がっていこうとします。名誉欲の塊です。
    被害者タイプは、自分こそ全て幸せであるべきだという利己主義者ですね。
    どちらも、自分が自分がという私欲優先の考え方です。これでは神様からの祝福は受けられませんね。
    利他の精神こそ人の進むべき道だと、あらためて思います!
    今日も大切なお話しをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      確かに独裁者タイプも、被害者タイプも、私利私欲の考え方なので、幸せにはなりにくいですね。
      私も利他の精神が、とても大事だと思っています。今日もコメントをありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました