恥についてどう考えるかで、人生が変わります。

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

ある宣言を始めてから、4日目です。
今日もFacebookにあげました。

 

朝のルーティンが少し増えましたが、楽しいです。
中には、その投稿を見て「応援します」とか、「頑張って!!」と言ってくれる人がいます。

 

本当に有難い事ですね。
実際に会わなくても、会話が成立したり、励まされたり・・・。

 

人ってやっぱり一人じゃないんだなって思います。
「お陰様で生きている」…っていうか、何かの大きな意志で生かされているように思います。

 

今日も素敵な人生ランドが始まりました。
今日も、めいっぱい顔晴りましょう(^^♪

あなたの恥ってなんですか?

今日は恥についてのお話です。
皆さんは人生の中で、恥をかいたと思う事はどんな事がありますか?

 

そもそも自分にとって恥って何でしょうか?
私はいい年をして、そんなことを一度も考えたことはありませんでした。

 

宿題や忘れ物をして、大勢の前で叱られたり、廊下に立たされたことくらいしか浮かんできません。

 

でも、人生の中の最大の恥とは、そんな薄っぺらいものではなかったのです。
自分が粗相をしてしまうような事は、決して恥ではなかったのです。

 

では、一体どう事が恥になるのでしょうか?
「恥を知れ!」という意味は、恥を自覚するという事に繋がります

 

この話を聞いて、本当に目から鱗でした。
例えばこのような事です。

 

「いじめられている同級生を見捨て、知らん顔をしたり見て見ぬふりをした。」

 

「実際は働けるのに生活保護を受け続け、楽をして生活しようとする。」

 

「お金を払っているからと当然と、店員さん達を怒鳴ったり、横暴な態度をとる。」

 

これを読んでいる人の中には、そんな人はいないと思いますが、これに近い事をしている人は時々見かけたりしませんか?

 

そう、人生最大の恥とは・・・

やってはいけないラインを越えてしまう事」なんだそうです

 

親に暴言を吐いたり、暴力をふるったりなんて持ってのほかです。
これは、明らかに恥を知るべきことの一つですね。

 

そして、もう一つ大事な事があります。
人生の恥とは・・・

 

昨日と同じ今日をただ繰り返して、人生を終えることです

冒険も挑戦も何もしないまま、夢だけを語って人生を終える事なんです。
確かに挑戦しようとして、誰かに夢を語ると人はこういいます。

 

「身の程知らずだなぁ。」

「そんなの無理に決まっている。」

「あなた何様?」

「馬鹿じゃないの・・・?」

 

世の中にはドリームキラーと言われる人もいて、心配したフリをして、全力でその人の夢を壊そうという人もいます。

 

そして、そのマイナスの感情に触れた時に、誰もがこう思います。
「恥をかいた」と・・。

 

でも本当の恥とは違ったのです。

「身の程知らず」と人から言われて、それを「恥ずかしい」と思った自分が一番の恥なのです。

 

何も挑戦しないで、人生を終えていく事が一番大きな恥です。
だから、それに気づいたら、恥をかかない努力をしましょう。

 

自分の人生に革命を起こせるのは、この世にたった一人・・。
あなただけなのです。

今日一日だけという考え方

メルマガ100人の一歩から抜粋したとてもいいお話があったのでシェアしますね。

順風満帆のまま過ぎていく人生などありません。

仕事でつまずく事も、人間関係で悩むことがあって当たり前です。

心もからだも動かなくなったら「今日一日だけ」と考えるのです。

「今日一日だけ会社で明るく振舞ってみよう」

「今日一日だけ友人を思い、素直に謝罪の言葉を投げかけてみよう」

 

今日一日だけだけなら、心もからだも動かないはずはありません。

その結果、「何とかやれたじゃないか!」というあなたがいることに気づくのです。

そしたら、次の日をまた

「今日一日だけ」という気持ちで過ごすのは、そんなに難しい事ではありません。

八方ふさがりの状況をすっかり解決する「妙案」をあれこれ考えても

闇は深くなるばかりです。

「今日一日だけ」の思いで踏み出す事です。

お大師様は実践の大切さを説いています。

踏み出せば、こころも体も動き始めます。

今日一日だけの思いで踏み出してみる・・・。
本当に大事な事ですね。

 

あれこれ考えずに、まず行動が先という事でしょうか?
その一日一日の積み重ねが、次への活力を次第に促してくれるのかもしれません。

 

とにかくスピードを上げて行動しなさいと最近よく言われます。
スピードを上げて行動したら、結果は後でついてくる

 

結果を期待せずに、その場その場をスピーディーに、出来る限り行動する。
その瞬間はワクワクの気持ちで過ごす。

 

妙案や解決策を探し求めるよりも、決められたことをしっかりやる。
その中で、きっと明るい光が見えてくるようになると思います。

 

心が疲れて動けなくなった時の処方箋として、このように考えてみるのも良いのではないかと思います。

 

行動を止めることが一番やってはいけない事ですから・・。
是非、革命を起こしていきましょうね。

まとめ

今日は、①人生の恥という事と②心が疲れてしまった時の処方箋をそれぞれお伝えしました。

 

いかがだったでしょうか?
私は人生の開運の秘訣は「諦めない事」だと思っています。

 

でも、そうは言っても時々弱い心が顔を出します。
諦めてしまいそうになることが沢山あります。

 

でも、その言い訳を考えていたら、キリがありません。
そんな時は言葉の力を借りるのです。

 

弱くて、折れそうな心。
半信半疑で、どこか自分を信じ切れていない部分。

 

そんな自分がいて当然だと思います。
だから、毎日宣言するのです。

 

私は、日本や世界の肉体的、精神的、経済的再生を行う」と・・。
とても大きな理想です。

 

コロナ前の私なら、絶対にこんな宣言は出来なかったでしょう。
でも、決めたのです。

 

私は必ず奇跡を起こすと・・・
絶対に奇跡を起こすまで諦めないと・・・

 

だから、最初に決めた自分との約束「覚悟」が大事なのです。
ダイエットを続けているのも、行動しなければ奇跡が起こらないからです。

 

皆さんも、もし叶えたい夢があれば、覚悟を決めて行動していきましょう。
私がやっている事は、本当に誰でも出来る小さな行動です。

 

イチローや羽生弓弦選手や、松井選手がやってきた努力に比べたら、はるかにチョロイ努力です。

 

今日一日だけ頑張ってみましょう。
今日もあなたを応援しています。

 

最後までお読みいただき、本当に有難うございました。

 

 

 

コメント

  1. 昨日と同じことを繰り返す…惰性こそが「恥」ということですね。
    為せば成る!…今日を精一杯生きて、スピード感を持ってチャレンジする!そして、それを継続する!
    大切なことだと思います。
    ありがとうございます‼️

    • ゆーみん ゆーみん より:

      コメントありがとうございます。その通りです。惰性こそが、人生の恥だと知りました。成功するのは簡単だけど、成功し続けるのはとても難しい…だから、継続が大事なんですね。
      私もまだまだ出来てない事が多いですが、スピード感を持ってやってみます。
      励ましの言葉、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました