開運への導き㊻-「沈黙が持つ力とは?」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

皆さんは誰かと話している時に、フッと会話がと切れる事ってないですか?

 

そんな時、気まずいと瞬間的に思ってしまいますよね。
特に初めて人にお会いした時や、口数が少ない人と対面した時・・。

 

会話の糸口を探したり、別の話題に切り替えようと、必死になったりします。

 

でも、会話の中の「沈黙」って悪い事なのでしょうか?
聖心会のシスターで文学博士の鈴木秀子さんの言葉を参考に、私なりの思いをお伝えします。

「沈黙」が持つ癒しとは?

常に人生の悩み、苦しみに向き合っていらっしゃる鈴木さんは、こんな風に仰っています。

 

「沈黙」には癒しの効果があると・・。
その人の傍にいるだけで、命の繋がりを感じ取ることが人間にはあると言われます。

 

元々そういう力が誰にでも備わっているのです。
悩んでいる人に対し、何も聞かず「沈黙」の時を過ごす・・・。

 

こういう時は聞く側も、「この人に良い道をお授け下さい」と祈っているのだと思います。

 

一定時間、黙ってその人の傍に寄り添う事の方が、ある意味難しいように思います。

 

でも、その間何も話さなくても、相談者の方はじっと自分の将来を考えている場合があります。

 

だから無理に聞き出さなくても、「沈黙」という時間がとても大事になってくることもあるのです。

相手の命に向き合う

心理療法の一つにゲシュタルト・セラピーという療法があり、今日はその一つの例をお話します。

 

鈴木先生がその療法に取り組んでおられたとき、先生はアメリカからある大変有名な先生をお呼びしたそうです。

 

そしてその時に、不登校の男の子のセラピーをお願いし、鈴木先生が通訳をなさったそうです。

 

その時に偉い先生は、「今一時間あるけど、何がしたい?」ってと聞くと、男の子は「黙って過ごしたい」と答えました。

 

そして、先生は一時間ずっと黙っていらっしゃる・・。
今自分に出来ることは祈ることだと思い、「神様、この子の人生を良く計らって下さいますように」と念じながら、一緒にその場におられたそうです。

 

気を揉んでいらっしゃった鈴木先生でしたが、一週間後、どんな変化があったと思われますか?

 

実は、母親からの電話で、次の日から毎日学校に通い、再び登校するようになったそうです。

 

あんな立派な先生に、何を教えていただいたのですか?と母親に聞かれたという事です。

 

これこそ、「沈黙」が持つ力が発揮された、一つの例かもしれません。

 

相手の可能性を信じることがとても大事ですね。
今日もあなたの事を応援しています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 仲の良い夫婦やパートナー、恋人は、黙っていてもそばにいるだけで安心感を持てるものです。
    隣にいてくれること自体が癒しそのものだからですね!
    むしろ、気が合わない人だからこそ、何かを話してないと落ち着かないっていうことがあります。
    相手のことを思う思いやりや優しさがあれば、話をしなくても、楽しい時間を持てるのだと思います。
    そういう心の余裕を持ちたいものですね。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      確かに安心するために、何か言葉を探しがちだけど、本来そうではなくて、優しと思いやりがあれば解決していきますよね。
      楽しい時間が持てるようになると思います。そういう心の余裕を、私も持っていきたいです。
      コメントありがとうございました。

  2. 相手の心の状態を思いやれば、今何が必要なのかがわかるものだと思います。
    黙って聞いてあげる、そばにいてあげる…そのものが相手にとっては最高の癒しになることが、よくあります。
    どうしたらよいか、わからない時は、まず笑顔で接することが大切なことだと思います!
    今日も素敵な気付きをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      黙って聞いてあげる事も、時には最高の癒しになりますよね。共感して下さり嬉しく思います。
      そんな時のキーワードが「笑顔」仰る通りです。
      笑顔は相手にとって一番のクスリになると思います。今日もコメントありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました