ゆーみんの「希望の扉」19 愛語は人の心を明るくするという話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は良寛さんの言葉をご紹介します。
「すべて言葉をしみじみといふべし」

 

本来、言葉というものは、話し手の心を表し、聞き手の心に語りかけるものであるはずです。

 

でも、毎日の生活を見ていると、ただの言葉だけのきれいごとの言葉、上滑りの言葉があまりにも多い気がします。

 

もし、私たちが、本当に心に響く言葉を聞きたいのなら、自分たちも良寛さんに習って沈黙を学び、すべて言葉をしみじみと、心を常にそこに託して言う事から始めないといけませんね。

 

君と一夕話(いっせきわ)、読むに勝る十年の書」という珠玉の言葉があります。
10年かけて勉強したり、読んだ事より、君と一晩語り尽くした方がいいという事です。

 

この人と又逢いたい、そして一晩語り尽くしたい、そう思わせる師や友達がいる人は、本当に幸せですね。

 

一晩語り尽くしたい相手は、しみじみとした余韻を残してくれる人なのだと思います。
まさに良寛さんのいう「愛語」を話す人ですね。

 

良寛さんは、私は貧しい一介の修行僧なので、人にあげられるものが何もない。
だからせめて、人の心を温かくするような、ほっこりする「愛語」という言葉を贈りたい、と仰いました。

 

良寛さんの言葉に励まされる気がします。
口から出る言葉を、しみじみと語りかける人になれたら素敵ですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 「君と一夕話、読むに勝る十年の書」…とても深い言葉ですね!
    書は自分の頭に知識を蓄積させますが、会話は相手にも幸せの種を送ることができます。綺麗な「愛語」を使って会話できるようにしたいものですね。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。会話は相手にも幸せの種を贈ることが出来るので、出来るだけ良い言葉を使っていきたいですね。
      今日もコメントを有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました