潜在意識が目覚めると、何故良い事が起きるのか?

スポンサーリンク
潜在意識
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は朝から土砂降りの雨です。
三寒四温とはよく言ったもので、今日は本当に寒いです。

 

さっきゴミ捨てに行ってきましたが、本当に身震いすほど寒かった。
でも、朝のルーテインが一つ片付くとスッキリしますね。

 

今日は成功脳と貧乏脳について、教えてもらった事を書きたいと思います。

押し出しの法則とは?

皆さんは「押し出しの法則」って聞いた事がありますか?
これは斎藤一人さんがおっしゃたことです。

 

人には考え方の癖として、
貧乏脳と成功脳があります。

 

要は運を変えるための行動をすることが何よりも大事。
脳の仕組みを変えれば良いという話です。

 

例えばですが、エルメスのバック、ロレックスの時計、高級車・・
一流のものは、一流の人が作っています。

 

これは全て高価ですが、強運な品物です。
身につけると毎日気分が高揚し、運を引き寄せるらしいです。

 

恥ずかしながら、私は上記の物を持っていません。
ましてや今まで欲しいと思った事が一度もないのです。

 

つまり欲がないのかもしれません。
これでは一生手に入らなくても当たり前ですよね。

 

そもそも、これを手に入れるために頑張ろうって思った事がないのです。
必要と思ってない人の所に、必要なものは揃いません。

 

だから、私は貧乏脳のままでいたんだなと思いました。
お金持ちになりたければ、強運になるものを身につけるのが良いそうです。

 

すると押し出しの法則が働き、貧乏脳から、成功脳にシフトすることが出来るという事です。

最初は偽物でもいい!

でも、ちょっと待って!!
このように仰る方がきっといらっしゃることでしょう。

 

だって、私はお店に入った事はありませんが、エルメスのバックや、ロレックスの時計は推定50万はするはずです。

 

そんなものを買いなさいって言っても、そんな余裕がないっていう人が多いんじゃないかな?

 

30万のバックを買う位なら、一万円のバックを30個持った方がいい・・なんて思う人もいるかもしれません。

 

でも、最初から本物でなくても中古でもいいのです。
斉藤一人さんは、女性はヒカリモノを身につけなさいって仰っていました。

 

それも、出来るだけ大きくて、人目につくキラキラしたものがいいのです。(イミテーションで良いとのこと。)

 

なぜ、そんな事をするかというと、女性は花だからです。
お花である女性が、暗い服を着ていてはいけないのです。

 

勿論綺麗な色の服を着ると、自分の気持ちも上がりますが、
お洒落は人を喜ばすためにする…と仰っていたように思います。

 

人の気持ちを明るくし、自分の気持ちが高揚したら一石二鳥ですよね。
最初は中古でもいいからブランド品を揃えていくのも一つの方法かもしれません。

 

貯金も大事ですが、自分の心を喜ばすものを近くに置くというのも、
大きく運を開くのに必要な要素の一つになるのかもしれません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
欲は増殖するので、良くないといった声も聞かれます。

 

日本人は真面目な人が多いので、勤勉、禁欲が良しとされ、我慢が美徳とされる文化が根強くありますよね。

 

でも、私はバランスだと思うのです。
気分が高揚するものを身につけて、成功脳に一気に変えるという方法もありなのかな?と思います。

 

なぜなら、自分の欲を満たしていく行動を続けると、多くの人を幸せにしないと、本当に幸せになれないと気づけるからです。

 

一般の人は(私を含めて)一度、自分の気持ちを高め、幸せな気分を経験しないと、成功脳に入るスイッチが動かないのかもしれません。

 

だから、一流のものを中古でもいいから買う行動を始め、情報を集めるという事も、自分の習慣を変えるのに大きな意味があると思います。

 

でも、何度も言いますが何事もバランスが大事です
高価なものじゃないと幸せを感じられなくなったら、それは注意が必要です。

 

一輪の花を見てください。
彼らは決して高価なものではありませんが、ロレックスに負けないくらいの美しさや優しさがあります。

 

タダで咲いてくれている野の花が、私たちの気分を無償で癒してくれるのです。

 

こう言う自然や、決して高くなくても心がこもっているものに、価値を見つけ出す感性も重要です。

 

欲をほどよく満たす、そして、私達の周りに既にある素晴らしい贈り物に感謝する習慣を身につけたら、きっともっと強運になれると思います。

 

自分の欲を認めつつ、それに溺れないように自分の身の回りのものに愛情を注いでいけば、どんなものでも味方になってくれるのでないでしょうか?

 

今日も素敵な一日を送って下さいね。
最後までお読みいただき、本当に有難うございました。

 

 

コメント

  1. 由美さんのまとめは、「中庸の精神こそが大切」ということと感じました。その通りだと思います。何事も行き過ぎは「負」を発生させます!負に負けない強い自制心を持っていれば問題ないでしょうが、通常は呑み込まれるのが常です。悪魔、悪霊は人間が太刀打ちできるような相手ではありません。欲の増殖は、身を滅ぼします。
    僕も天国から地獄に落とされた経験があります。でも誰の責任でもない、負けた自分の責任です。
    僕は人生の価値基準を自分ではなく、神仏に置いています。
    自分が楽しければ…ではなく、神仏が喜んでくれるかどうか…を一番の判断基準にしています。
    なぜなら、自分が楽しくても神仏が喜ばないことは、他人を幸せにできないからです。
    逆に、自分があまり楽しくなくても神仏が喜ぶことをすれば、他人が喜び、結果的に自分も楽しく幸せにしてくれます。
    僕の主張の場みたいになりましたね。ごめんなさい。
    由美さんの投稿は、いつもたくさんの気付きを与えてくれます。
    今日も素敵な投稿をありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。今日の「自分が喜ばなくても、神仏が喜ぶ事をする」→
      「他人が喜び、自分も楽しく幸せにしてくれる」本当にそうですね。
      利他の精神は大事ですね。私もそんな自分になれるように、頑張っていきたいと思います。
      今日もありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました