ゆーみんの『幸せの道標』⑪「最適」より「好適」の方がいい理由

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は「一人勝ちしない方が運が良い」という話です。
脳科学者の、中野信子氏の言葉です。

 

生き残るためには、他者を思いやる社会性が必要です。
でも、他者を思いやるだけでは生き残ることが出来ません。

 

自分は何も食べずに、他の人に食べ物を与え続けていたら、いずれは病に倒れてしまうでしょう。

 

生き残るには、まず自分が勝たなければいけません。
ではどうしたら、他者への思いやりを持ちつつ、勝ち続ける事が出来るのでしょうか?

 

そのコツは、勝ちすぎないことだと中野氏は言います。
「過剰反応」という言葉があります。

 

生き残っていくためには、環境に適応していく必要がありますね。
でも、過剰に適応しすぎてしまうと、それが却って絶滅のリスクになってしまう事があるそうです。

 

アフリカのクロサイは、個体の能力で言えば最強で、巨体を持ちながら、移動のスピードも速く、非常に戦闘や競争に強い動物で、もはや他に敵なしの状態です。

 

しかし、向かうところ敵なしのクロサイも、ひとたび環境が激変すると、真っ先に絶滅危惧種になってしまったのです。

 

クロサイは弱肉強食のアフリカで、少数精鋭の子を育てる、という戦力で生き残ってきたからです。

 

そして、少なく生み、その子の面倒をしっかり見て、強い生体に育てる事が一番だったクロサイも、かえってそれが仇となりました。

 

つまり、これは過剰反応と言ってもいい、危険な状態であったのです。
クロサイを絶滅危惧種に追いやった環境の変化は、『人の出現』でした。

 

人はクロサイに、適応し直す暇を与えず、猛烈なスピードでクロサイの生きる環境を破壊していったからです。

 

こうなると、過剰反応してしまったクロサイは、環境の激変には耐えられません。
あっと言う間に絶滅危惧種になってしまったといいます。

 

この事から、中野氏は『一人勝ち』についてこのように述べました。

『新しい環境に耐えて、更に生き延びるには、その環境に最適な適応をしてしまっていてはだめで、「好適」くらいの適応にしておき、遊びの部分を残していく必要があるのです』

 

つまり、環境に適応しすぎたある条件の下で一人勝ちした存在というのは、条件が変わると変化に耐えられずに、あっけなく危機的な状況に転落してしまうというのです。

 

同じことが人間社会でも言えると言います。
ある時代に一人勝ちした国や企業というのは、必ず滅びているのではないでしょうか?

 

だから、勝ちすぎない道の方が実は良いのです。
自分だけが生き残って、他は全滅しようが構わないという道より、自分も周りも生き残れる道を選ぶ。

 

最適より「好適」の道を道を選んだ方が、長く生き延びることが出来ます。
周りとうまく共存できる道を選んでいきたいですね。

 

クロサイの例は、そのことを教えてくれるように思います。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 真の勝者は敗者を労り、真心を寄せます。日露戦争の時、乃木大将は敗将ステッセル中将に会見写真で異例の帯剣を許しました。そして、自身が亡くなるまで、ステッセル中将のご家族の生活が困らないように、送金を欠かさなかったということです。
    一人勝ちは意味をなしませんね。敗者にも敬意を示して初めて人間の偉大さを示すことができるのだと思います。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      乃木大将の素晴らしいお話を聞かせて頂き、ありがとうございます。敗者にも敬意を示す事は、絶対に大事ですよね。人間の偉大さがこういうところで試されますね。
      今日も温かいメッセージを、本当に有難うございました。

  2. 環境に適応する能力が、種の保存につながりますね。
    人間も我々の先祖、ホモサピエンスは集団生活という知恵で生き抜いてきました。逆にもう一つの人類、ネアンデルタール人は集団を嫌ったため、変化に適応できず滅びました。
    今の私達も適応能力が試されますね。一人で勝つことより、皆で勝って共生していく姿が望ましいのだと思います。
    今日も大切な気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      一人勝ちするよりも共生の道をたどりたいものですよね。適応能力を身につけていきたいです。
      今日も素敵なコメントを有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました