ゆーみんの『幸せの道標』79 心の支えになる言葉を持っていますか?

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は『心の支えにする言葉』というお話です。
これはあるがん患者さんが、ご自身に言い聞かせている言葉だそうです。

 

それが、日本のホスピス、緩和ケア分野の草分けである淀川キリスト教病院理事長の
柏木哲夫先生の、『人は生きたように死んでいく』という言葉です。

 

それはどういうことかというと、日頃から不平不満ばかり言ってきた人は、不平不満を言って死んでいく。

 

感謝の言葉を繰り返してきた人は、最後も感謝の言葉を胸に旅立っていく。
そういう事なんだそうです。

 

そして、上智大学のアルフォンス・デーケン教授もこのように言っておられます。
人は生きている限り成長できる。死ぬその瞬間まで精神的に成長し続けることが出来る』と。

 

とても嬉しくなりました。
この言葉を胸に、自分の出来ることをやって、自分が納得する生き方をしていきたいと思います。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
出来れば人生の指針となる言葉を持っていきたいです。

コメント

  1. 人生の指針となる言葉を持つことはとても素晴らしいことですね!
    僕もいろいろな言葉に出会って、影響を受けた言葉もたくさんあります。
    良い言葉を選び、その教えの通りに実践していくことはとても大切なことですね。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      言葉を知ることも大事ですが、仰る通り、実践していく事が何より大事だと思います。
      良い言葉も、日常に取り入れなかったら、何の意味もありませんよね。
      私も頑張って、良い言葉を意識していきますね。今日も素敵なコメントを、ありがとうございました。

  2. 死ぬまで勉強…と言われますが、本当に人生勉強の連続ですね!
    勉強は希望に繋がります。
    与えられた命を最後まで全うしたいものですね。
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。自分の成長の為に学びがあるのだと思います。もうこれでいいという事はないですよね。
      希望につながる学びを、これからもしていきたいですね。今日もコメントを、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました