びっくり現象の中に、宝が隠されているという話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日はエッセイで、モテる秘訣を投稿していた文章に目が留まりました。
クマ美さんと言います。

  • 私流のモテる秘訣
    それは、自分に好かれる自分になること・・・。

 

とても素敵だなと思いました。
自分が自分の一番のファンになることです。

 

自分の事が好きじゃない人を、人は好きになってくれません。
まずは、自分が素敵と思う事から始めたいですね。

 

皆さんも、もっと自分の事好きになって下さい。
素敵な引き寄せが、もっと経験できますよ。

人生を後悔しない

先週から、「人生を後悔しないベスト25」について学んできました。
私は年老いた母がいるので、特に関心が深かったです。

 

私が晩年に経験するであろう全ての思いが凝縮しています。
母の姿から学ぶ事も出来ます。

 

最近、母は気分のアップダウンが良くあります。
小さなことで喜んだかと思うと、小さなことで落ち込みます。

 

そんな事で・・?という事に傷ついたりします。
つまり、私のものの見方や価値観が違うのです。

 

どうしても、自分が経験したやり方が変えられない・・・。
でも歳をとるというのはそういう事だと思います。

 

それなのに、過去にやってきたことは忘れられません。
きっと頭の中は40代、50代の気力がいまだに残っているのです。

 

だから時々「私も人様の為に何かしたい…」と言います。

 

それは、ある意味社会貢献ではあるけれど、誰かに迷惑をかけたくないという思いが裏側にあるように思います。

 

少しでも収入を得て、子や孫に迷惑をかけたくないって思うのでしょう。
それは、本当に有難い事だと思います。

 

プライドを傷つけない様に接しながら、自分を大事にして、毎日を後悔することなく楽しく暮らして欲しいです。

 

その為にも、私自身が人生を楽しみ、笑顔で楽しんでいる姿を見せ続ける事が、親に対して一番できる親孝行ではないかと思います。

ビックリ現象を見つける

Yahooニュースで、「ワクチン接種で死亡したら、4420万の支払いをする」と厚労省が発表しました。

 

それだけ、ワクチンが安全であると、世の中に広める覚悟があるのだなと感じました。

 

でも、あくまで死亡した時のみです。
生きていたら、副作用があってもこの額は出ないと思います。

 

その他、災害が多い国日本は、「地震の発生率は世界第4位」とありました。

 

特に東日本大震災などで、津波の被害を経験しているだけに、常にリスクと隣り合わせにいる状況だと感じます。

 

船井総研の、故船井幸雄さんは、常に世の中のビックリ現象を探しなさいと仰っていました。

 

起きている事から、何かを学び、常にその意味を感じ取りなさいという事です。

 

上記の2つは常に、命の大切さに思いを馳せなさいという事ではないでしょうか?

 

常に私たちはリスクと隣り合わせで生かされているのであり、いつ災害が来ても狼狽えない、心構えを持つ必要があります。

 

今日が最後の日になるかもしれないのです。
あるご夫婦は、喧嘩をした日も必ず朝出掛ける時はハグをするそうです。

 

もし、突発的な事が起こって、そのまま一生話せなくなったら、とても後悔する事になるからです。

 

びっくり現象を見つけて、未来を予測する。
そして、適切な対応が出来るよう常に心構えをしておく。

 

先が見えない不透明な時代だからこそ、私達は常にそういった観点で、世の中のことを見ていく必要があるのではないでしょうか?

まとめ

では、小さい子供達を意識してみてみましょう。
幼い子供は常に右脳が開いた状態です。

 

確か6歳までには右脳が閉じて、それ以降は左脳が活発に働くようになると聞いたことがあります。

 

右脳が開いていると、見たものを瞬間的に写真で写したように覚えられるので、この時期は特に大事です。

 

魔法のように、奇跡的な記憶が出来るらしいです。
それだけ子供たちは、固定観念がなくて、無邪気なのです。

 

余計な事を考えず、楽しんで集中することが出来ます。
この大事な時期をとらえて、親が良いものを与えてやることが必要かもしれません。

 

東京の立川市に「ふじ幼稚園」という名門の幼稚園があります。
この幼稚園は、少子化の時代でも入れたい親が全国から殺到します。

 

それは、これからの時代に備えて「地震」の備えをしたからです。

 

ユニクロのロゴのデザインをした佐藤可士和さんと組んで、老朽した園舎の建て替えをしたのです。

 

この園長先生は、少子化で幼稚園の経営が大変になるという未来を察知して、地震に対応できる素晴らしい園舎を作りました。

 

人気があるにも関わらず、次の手を考えているのです。
私達も時代の波を予測して、可能性をもっと広げていく。

 

まずは、自分を見つめ直し、自分の老化も認めつつ、次の手を考えて前に進んでいきたいですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 由美さんのお母様に向かう姿勢はとても素晴らしいと思います!お母様の小さな欠点とかが目につくのでしょうが、それは心を隠さずに開いている証拠でもありますね。自分のことを大切にしてくれる愛娘に嬉しさと同時に少し甘えもあるのでしょう。由美さんの母を労る気持ちがよく伝わってきます。これからも大切にしてあげて下さい!
    それから、不測の事態に対処する必要性…、私も東日本大震災の経験者ですが、人間、いざとなると冷静沈着になるものです!3分にも及ぶ大地震の最中、頭の中はこれから予想されること、避難することや家屋の補修のことなどを頭の中で巡らせていました。今のコロナ禍でも人は冷静に次の対応を考えます。備えあれば憂い無し!父は泥縄式の考えをいつも戒めていました。行き当たりばったりでは、よくありませんね。
    人間は不測の事態の中でも冷静です。そしてその経験を活かす学習力があります。泥縄式ではなく、備えをしっかりしておけば、更に安心できる状態になるでしょう!
    今日も素敵なお話しをありがとうございました!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。確かに心に余裕がないと、行き当たりばったりになります。
      不測の事態の中での冷静さって大事ですね。人は学習の力がありますね。
      私も一つの経験だと思い、失敗を次の糧にしていきたいと思います。
      「裁き」の気持ちを減らし、「認めてあげる事」、我慢するのではなく、理解してあげる事・・。
      これが今の私の一番の課題であると思います。
      ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました