開運への導き127~「才能に大切なのは持続力という話」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

皆さんは能力ある人に、どんなイメージをお持ちですか?
今日は、棋士の羽生善治さんの名言をご紹介します。

 

十年、二十年、三十年、同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられるのが才能だと思う。

天才と呼べる秀才がしのぎを削る棋界では、優れた頭脳を才能と捉えがちですが、そうではないと羽生氏は言っています。

 

持続力こそ真の才能であるといっているのです。
そこに、大成する人の真骨頂を見る思いがしますね。

 

さて持続力は、才能に繋がると羽生氏は言ってましたが、行動し続ける事が何よりも大事といった著名人は他にも沢山います。

 

その一例が、50年以上にわたって、トイレ掃除の実践を続けてきたイエローハット相談役の鍵山秀三郎氏。

 

この方は、人格を上げることが、最大のサービスだと仰っています。
つまり、知識やノウハウの習得よりも大切なのは、それを用いる人間の質。

 

人が喜ぶような行動を続けることで、人格を高める必要があると語っています。

 

鍵山氏のように、人が喜ぶ事を何十年も続けていくと、それが大きな持続力となり、才能となり、神様が喜ぶ生き方に変わるのではないかと思います。

 

「十年偉大なり、二十年恐るべし、三十年歴史なり、五十年神の如し」という言葉があります。

 

まさに、続ける事の大切さ、情熱を保ち続ける事の素晴らしさを語っていると思います。

 

それが大きく称賛されるような事でなくてもいい。
小さな働きであってもいい。

 

人が喜ぶような事を常日頃から考え実践し、常に明るい気持ちでいる事で、人は成長し、いつでも進化し続ける事が出来るように思います。

 

謙虚さと感謝の気持ちを持ち、常に前向きな心で、持続力をあげていきましょう。

 

そんな人を、神様は応援して下さるのではないでしょうか?
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 羽生善治永世名人の言葉は天才の言葉として重みがありますね!
    爆発的な能力を発揮することは、比較的誰にでもできることですが、それを継続できるところが天才の天才たる由縁ですね!
    一歩でも近づけるように精進したいと思います。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      やはり天才と呼ばれる人の言葉は重みがありますね。
      継続が大事と仰ったのは、本当に印象的でした。
      私も一歩でも近づけるように頑張ります。
      コメントを今日もありがとうございました。

  2. 何事も成し遂げるためには、根気が必要ですね!
    特にどの世界でも第一人者は、努力の継続ができる天才です!何もしないでただ天才的な能力だけで勝つことは不可能ですね。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      はい。どの世界の第一人者であっても、努力の継続の上に、天才という肩書がついてくるのだと思います。
      最初から努力なしに成し得るものではないですよね。これからもお互い頑張っていきましょうね。

タイトルとURLをコピーしました