ゆーみんの『幸せの道標』㉕おかげさまの気持ちを大事にしていこう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

私達日本人には、「おかげさま」のDNAが受け継がれています。
日本人は、従来、思いやりと感謝の心を持った民族であると思います。

 

その底を流れていたのは「ありがとう」「おかげさま」という感謝の思いでした。
しかし、時代が移り変わる中で、次第に我欲が広くはびこるような社会になってきました。

 

「自分の成績を上げることが最優先」「自分の成績さえ上がればいい」
こんな考え方は、個人主義となり、我欲を加速させることになるような気がします。

 

「相利共生」(そうりきょうせい)という言葉があります。
お互いに利益になる事を考え、そのために行動し、共に生きていこうという考えです。

これは禅の考え方とも合致していると言われています。
「おかげさま」の語源は、「ご先祖様」なのです。

 

すでにご先祖様は、この世にはいらっしゃいませんが、陰に隠れている方々の庇護のもとで、今私たちは生かされています。

 

その事に感謝の気持ちを差し上げるのが「おかげさま」という言葉なのです。
私達は一人で生きているのではありません。

 

両親がいて、その両親にはそれぞれ2人ずつ4人の親がいて、10代さかのぼると1024人、20代さかのぼると100万人を超えるご先祖様がいらっしゃいます。

 

そのうちの1人でも欠けたら、今の自分はこの世にいないのです。
私達の大切な命は、ご先祖様が命を繋いでくださったのです。

 

一人で生きているのではなく、ご先祖様のお陰で生かされているのです。

その事を考えると、感謝の気持ちが溢れてきますね!!
そして、どんな仕事も「おかげさま」で成り立っているのです。

 

私達が一人で出来る仕事などなく、自分の能力にも限界があります。
どんな仕事も誰かの助けがあって、自分の仕事をさせてもらえるのです。

 

その事に感謝できる人は、周囲から「あの人だったら支えてあげよう」と思ってもらえる人になれます。

 

きっと周囲の協力を得て、さらに大きな仕事が出来るようになるでしょう。
共に生きる社会を目指し、いつも「おかげさま」の心で生きたいですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 「相利共生」…素晴らしい言葉ですね!
    「利他の精神」と同じく、世のため人のために自分の能力を発揮することは、人間の究極のあるべき姿なのだろうと思います!
    助け合いの精神をいつも忘れないでいたいものですね。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。共感して頂き、本当に有難うございます。人の為に自分の能力を発揮する事は、人としてとても大事なことであると私も思います。
      「利他の精神」を、これからも大事にしていきたいですね。こちらこそ、素晴らしいコメントを有難うございました。

  2. 長い長い年月を絶えることなく繋いできた命って、奇跡ですよね。
    どれだけ多くの先祖の願いがあったものかと思うと、あらためて命の大切さを思い知らされます。
    目の前にいる他人が、もしかしたら同じ先祖かもしれないし、あるいは先祖を助けてくれた方の末裔かもしれない…そんなことを考えると、人に優しく思いやりを持って接することの大切さをしみじみ思います。
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      本当にその通りですね。私たちの魂は、根底で皆つながっているような気がします。他人に対して、出来るだけ思いやりの気持ちを持って行きたいですね。
      今日も貴重なコメントを、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました