ゆーみんの『幸せの道標』59 脳が求める生き方を意識してみよう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

脳の専門医、林成之氏は、どんな人の脳も3つの本能を持っていると言います。

一つは『生きたい』
二つは『知りたい』
三つは『仲間になりたい』という本能です。

 

この脳の本能から導き出せる『脳が求める生き方』は一つであると言います。
それは何か・・・。

 

それは、『世の中に貢献しつつ、安定していきたい』という事です。
そして、これはそのまま人が幸福に生きる道に重なり合うと言います。

 

そこには大いなる宇宙の意思があります。
大人の幸福論とは、こういう事を示していますね。

 

私達も、本能に従って、世の中に貢献できる生き方を目指してみませんか?
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 「生きたい」「知りたい」「仲間になりたい」が3つの本能なのですね!
    若いときは、とにかく自分のため、子供のためにがむしゃらに生きますが、人生も半分を過ぎたら、そろそろ「世のため、人のため」の人生を送らなければいけない時期なのだと思います!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。人生後半を迎えたら、世の為人の為に生きる生き方にシフトしていきたいですね。
      今日も素敵なコメントを有難うございました。

  2. 人間として、こうあるべきとの指針を与えてくれるお話しですね!
    生きる意味をしっかり見つめ直す時期に来ているのだと思います!
    お互い、健康で生き生きした毎日を過ごしていきましょう。
    今日も素敵な気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      Masanori Ogasawaraさん。ありがとうございます。そのように言ってもらえて、本当に嬉しかったです。
      健康に気をつけて、お互い頑張っていきましょう。こちらこそ、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました