ゆーみんの『幸せの道標』66未来は明るいと心で思ってみよう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

斉藤一人さんと言う実業家がいます。
一人さんは『未来は明るいと日頃から思う事』がとても大事だと言います。

 

思えなくても、思ってみるしかないと言います。
『未来は明るい』と言葉にしたり、明るい音楽を聴いたりするのもいい。

 

明るい人のそばに寄り添う事でもいいのです。
とにかく『明るい未来が待っている』と思う事です。

 

そして、この星は「行動」しないと、前が開けない星だと言います。
一度沈んでもいいから、前に一歩踏み出す事が必要です。

 

今のやり方でダメなら、何かやり方を変えたり、うまくいっている人の真似をしてみる方が良いのです。

 

仕事は「四方よし」といって、自分の利益は勿論だけど、お客様、取引先、そして世間の四方を喜ばせると、ビジネスもうまくいくと言っておられます。

 

神様が喜ぶような事をした時に、仕事は成功出来ると言われます。
でも、もう一つ大事なことがあります。

 

それは、頑張りすぎてはダメだという事・・。
なぜなら、「苦しい」「辛い」と思って仕事をすると悲壮感が出てしまうからです。

 

楽しいと感じながら仕事が出来た時に、神様が手助けをして下さると言います。
誰もが、一生懸命やっています。

 

だから、それ以上無理して頑張らなくていい・・。
立派じゃなくていい、これ以上真面目になる必要もない・・。

 

ただ、「思い」を楽しくて、明るい方に持っていく。
それだけで十分だと言います。

 

頑張るよりも、豊かな心でいるとか、人の幸せを願う事が大事なのです。
心が軽くなりますね。

 

楽しみながら進んでいきましょう。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 「四方よし」…の言葉は、本当にその通りだと思います!それこそ「利他の精神」の真髄ですね!
    皆が幸せになることを考えて実践するって、とても大切なことですね!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

  2. 「四方よし」…良い言葉ですね!
    自分の行いで、皆が幸せになり、そして結果的に自分も幸せになる。理想的な善の循環です!
    目の前のことをコツコツ一生懸命に実践することから、すべては始まりますね!
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました