開運への導き108~「笑顔の源は包容力という話」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

昨日のブログを見た読者さんから、自然な笑顔は、辛い事を乗り越えてきた「包容力」から来ていると思うとのコメントがありました。

 

確かにそうだなぁと思います。
笑顔の裏には、苦しい事や悲しい事も乗り越え、理解しようという優しがありますね。

 

その笑顔を見た人は、それを瞬時に感じることが出来るので、黙っていても癒され、元気になっていくのです。

 

言葉も重要だけど、その人が持っている思いやりや、慈しみの心、一言で言うと「利他の精神」が感じられる笑顔は素晴らしいなと思います。

 

昨日NHKのドキュメンタリー番組の録画を見ていましたが、天台宗の僧侶で高橋さんという元フリーアナウンサーの女性の番組を見ました。

 

この方は50代で僧侶になりましたが、元々きらびやかなテレビの世界で生きてきた人です。

 

しかし、元競輪選手の恋人が別れをきっかけにストーカーを行い、それを告訴した事で、結局彼氏が自殺してしまいました。

 

顔を知られている有名人だっとこともあり、それがきっかけで、何も事情を知らない一般ユーザーから誹謗中傷の標的となります。

 

毎日ひどい言葉にさらされ、追い詰められた彼女は多量の薬を飲み、自殺未遂を計ったというのです。

 

そんな誹謗中傷の書き込みは、毎日二年にもわたって続いたといいます。
これでは、どんな人でも精神的におかしくなります。

 

精神的に追いつめられると、「生きるか」「死ぬか」のどちらかしか、選択肢がなくなるのだと言います。

 

結局彼女は、どちらも選ばず、「逃げる」ことだけを考えて、人里離れたお寺に身を隠し、厳しい修行を積んだのです。

 

なぜ僧侶になろうと思ったのかというと、彼女を可愛がってくれた他界した祖父が、天台宗の僧侶だったからです。

 

そして、僧侶になった彼女は、お経の中からこんな言葉を見つけます。
「憎しみの心は憎しみしか生まない。そして、それは永遠に止まることがない。」と。

 

彼女は泣きながら、この言葉は今の自分だと思ったそうです。
ネットで誹謗中傷した犯人を見つけて、懲らしめてやりたい。絶対に許さない・・・・。

 

毎日、裁きの心でいた自分にやっと気づき、大先輩の僧侶からも、「これからの人生を生きるのに、重たい荷物は必要ない。山を下りる時に、憎しみの心は置いていきなさい」‥‥と言われたそうです。

 

そうして初めて、自分の心をやっと癒すことが出来、のちに示談を求めて両親と共に謝りに来た青年に対しても、「赦し」という気持ちを伝える事が出来たのです。

 

間違った正義感から、他人の心を深く傷つけた青年を、「許せない」という気持ちは永遠に消えないかもしれません。

 

でも、高橋さんは、「確かに自殺を考える位傷ついたけど、そのお陰で僧侶になることが出来た。その点ではあなたに感謝します」・・・・。

 

このような言葉を、青年にかけていました。
私はこの時、彼女の中に「慈悲の心」を感じずにはいられませんでした。

 

ほんとうに、素晴らしい行動だなと思いました。
その後、高橋さんは裁判所に告訴を取り下げたそうです。

 

今日は、笑顔の奥にある「包容力」について、私なりに書きました。
最後までお読みいただき、本当に有難うございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 人の救いはどこから出るのかわかりませんよね。
    ただはっきりしているのは、楽から悟りは得られないことだと思います。
    必ず苦しみを乗り越えた所に悟りはあるものだと思っています。
    苦しみを嘆かずに前向きに捉えることが、とても重要ですね。
    今日も素敵な気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      苦しみを嘆かずに、それを乗り越えた所に悟りがあるのですね。決して楽をしてはたどり着けない道ですが、前向きにとらえていく事で、必ず助けが入ってくるような気がします。今日も目の前の事を、一生懸命取り組んでいきたいですね。ありがとうございました。

  2. 包容力って、作ろうと思っても作れませんね。これは、自分でも気付かないうちに自然に身についているものです。
    慈悲の心はまさに包容力。相手の苦しさを理解し許せる気持ちは、自分も経験しているから持てるものなのでしょうね。
    そういう人間になれるよう、精進したいと思います。
    今日も大切なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      慈悲の心=包容力なのかもしれませんね。自分が経験しているからこそ、相手の苦しさを理解し、輸すことが出来る・・・。
      私にとっても深い気づきでした。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました