ゆーみんの『幸せの道標』⑧いのちに感謝し、毎日を精一杯生きよう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は、特攻隊の母と慕われた、富屋旅館3代目女将の鳥濱トメさんの言葉をご紹介します。

 

先人たちの努力の上にいまがある。
受け継がれてきた自分の命を、命ある限り輝かし生きていく。
それが何よりの供養であり感謝になる。』

 

次世代に伝えたいことがあるとして、トメさんはこのように仰いました。

 

トメさんは、「蛍になって帰ってくる」と言って飛び立っていった宮川三郎軍曹の話を良くなさったそうです。

 

宮川軍曹は、20歳の時に出撃命令が出て、一度飛び立ちましたが、機体の不調で飛び立つことが出来ませんでした。

 

その時に一緒に飛び立った仲間は全員戦死していたため、一日も早く出撃したいと訴えていたそうです。

 

そんな宮川さんに、出撃命令が出て、その前日に富屋食堂に別れの挨拶にやってきました。

 

その時に、「出撃して、蛍になって帰ってくるから、入れるように店の正面の引き戸を少し開けておいてくれ」と言い残し、帰ってきたら『同期の桜』を歌って欲しいと言ったそうです。

 

「分かった」と言って、トメさんは宮川さんとお別れしましたが、次の日不思議な事が起こりました。

 

その日、長女の美阿子さんが大きな声をあげたそうです。
『お母さん、蛍だ!蛍が入ってきた。藤棚に蛍だ!』

 

トメさんが玄関に駆けつけると、確かに実阿子さんが指す方から、蛍が一匹入ってきたと言います。

 

時刻を見ると、宮川さんが予告した午後九時。
見事撃沈したら、蛍になって帰ってくると約束した宮川さんが、本当に戻ってきたというのです。

 

それから、蛍を囲むようにして、皆で「同期の桜」を歌ったと言います。

 

まさに宮川さんが望んだとおりの生き方でした。
この話を聞き、私は本当に涙がこぼれました。

 

今から76年前、日本の国を心から思い、家族や祖国を守るために尊い命を犠牲にして、旅立ってくれた多くの若者がいたのです。

 

その事を思うと、感謝の念が尽きません。
この人たちの命の犠牲の上に、今日の私たちの平和があり、戦後日本の復興があった。

 

感謝して、彼らの分まで自分の命を輝かして生きていかなければならないと心から思います。

 

今、戦争体験者は少なくなり、戦後の記憶は忘れつつあるように思います。
でも、決して忘れてはいけないのです。

 

今こそ記憶を風化させないで、英霊の皆さんのお陰で、今の日本がある事を忘れず、感謝の気持ちで日々を過ごし、自分の命を精一杯輝かせていきたいと思います。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

  1. たくさんの英霊が命を投げ出しました。
    戦は負けはしましたが、彼等の勇敢さは、日本は強し!ということを存分に示しました。それが、欧米列強の植民地にされないで国体を守った基になったのだと思います!
    やりたいこともたくさんあったでしょう。恋や結婚もしたかったでしょう。お母さんの料理も食べたかったでしょう。
    そういう思いも全て封じ込めて、国のために亡くなった数多の英霊のことを、私達は決して忘れてはいけないと思います!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます。
    合掌

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。本当にその通りですね。全てを犠牲にして、私たちの為に戦ってくれた英霊の皆様の事を決して忘れてはいけないと思います。彼らの姿が、国体となって、植民地支配を逃れられたのですね。ただただ、感謝します。
      昨日だけではなくて、いつも彼らの事を思い、彼らの分まで命を輝かせて行こうと思います。今日もコメントを有難うございました。

  2. トメさんの食堂はとても有名ですよね。
    たくさんの若者が、母親のように慕っていたようです。
    送るトメさんの心情もいかばかりかと察します。靖国の遊就館に花嫁人形を奉納した特攻隊員の母親や姉と全く同じ気持ちで見送ったんだろうなと思います。
    若き英霊達のことを決して忘れてはいけませんね。
    今日も大切な気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      トメさんの食堂の事は、恥ずかしながら最近知ったばかりです。お母さんに会えない寂しさを、若い特攻隊員たちは
      トメさんに重ね合わせていたんだろうなと思います。トメさんも見送る時は、さぞお辛かったでしょう。きっと切なく、悲しかったと思います。絶対に、彼らの事を忘れてはいけないですね。今日も感謝して、一日を過ごそうと思います。

タイトルとURLをコピーしました