感謝と良い習慣は、人生の大事な宝物

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

もうすぐお盆も終わりますね。
(地域によって7月に終わっている所もありますが・・・)

 

皆さん、それぞれの場でご先祖様に感謝の意を捧げ、色んな思いを持って過ごされているのではないでしょうか?

 

今年は、コロナの影響もあり、帰省を見送った方も多いですね。
本当にこんなことは、かつて誰も経験してこなかった夏の過ごし方だと思います。

 

私もお盆は実家に帰省して、家族や親せきで食事をしたり、墓参りをしたり、どこかに遊びに行くのが当たり前だと思ってきました。

 

ところが、今年は親の方から「もう帰ってこなくていいよ!!」と言われたんです。
こんなことは、一度も経験したことがありませんでした。

 

やはり今は有事なんだと、改めて思います。
全国でコロナに対する警戒感が強まっているので、仕方ないですよね。

 

そして、今日は終戦記念日

 

75年前の戦争で、私たちを護るために尊い命を捧げてくれた、若者たちの事に思いを馳せ、感謝と哀悼の気持ちを持つ、そんな日にしたいです。

 

政治的な事や思想とは全く関係なく、彼ら「英霊」の存在を忘れないでいることが、国を愛する気持ちに繋がり、私たちに出来る大事な務めだと思います。

先祖供養の不思議な効果

今日は、家系分析の第一人者 天明茂さんの言葉を引用させて頂きます。

あぁ、ご先祖のお陰で今の自分がある。ありがたい」

  という感謝の思いを常に持ち続けている事で、

  ご先祖は喜び、人生は好転する」

皆さんは、ご先祖様に対して常にこんな気持ちを抱いているでしょうか?

 

例え、お墓に直接行く事が叶わなかったとしても、「先祖に思いを馳せる」だけで、ご先祖様は喜んでくださると思います。

 

何も形にこだわらなくてもいいと私は思います。

 

そして、先祖供養に、亡くなった先祖たちが安らかに眠れるように行うといった意義の他にも、私たちに返ってくる不思議な効果があります。

 

よく言われている効果としては、「お墓参りしたことにより、運気が上がる」という事です。

 

仏教の教えでは先祖供養を行った事により、自分たちにも徳が返ってくるとされています。

 

古くから日本にある信仰に、「言霊」がありますが、良い言葉を発すると良い方向に、悪い言葉を発すると、良くない方向に進むという事を実感された方も少なくないと思います。

 

仏教でも同様に、見返りを求めずにおこなった行動は、いつか自分に返ってきて救われるという考えがあります。

 

いわゆる徳積みですね。

 

徳積みがなぜ良いかというと、その行動事態が「自分に自信を持つ方法」としても優れているのです。

 

さらには、人間は科学的な現象だけでは説明できない場面に遭遇することがしばしばあります。

 

例えば、亡くなったはずの家族が夢枕に立って一家の危機を知らせてくれたり、家族の最期の瞬間に立ち会う事が出来たりなど、不思議な体験を聞いたことがないでしょうか?

 

日本の仏教には自分が行った行動が巡り巡って返ってくるという「因果応報」という教えがありますが、先祖が作った因縁も子孫の人生に影響を与えるとされています。

 

とはいえ、自分が生まれてくるまでには何千何万という先祖がいるわけです。
その中で、誰一人欠けても今の自分は生まれなかった訳です。

 

そうなってくると、今こうして生かされているというのは、本当にすごい確率なわけです。
正に奇跡としか言いようがありません。

 

そんな奇跡の中で生かされている私たちは、とても価値ある存在です。
自然がこの世に必要としたから、今ここに私たちが存在しているのです。

 

そして、ご先祖様は私達子孫を本当に可愛いと思って、常に見守ってくれていると私は信じています。

 

先祖を大切に思い、常に感謝の思いを伝える事が、人生の中で運が良くなる一つの方法であると思います。

習慣の大切さ

今日はもう一つ、習慣についてお話したいと思います。
皆さんはなにか自分の中で、ルーティン化している習慣てありますか?

 

私はとりあえず、「早起き」と「瞑想」と、「ストレッチのトレーニング」を習慣にしようと思っているのですが、あるメルマガで一つの事が習慣になるまで66日かかるという研究結果が出たと書いてありました。

 

2010年の実験結果だそうです。

 

ロンドン大学のフリップ・ラリー教授らによって発表されました。

 

その内容はこうです。

 

21歳から45歳の学生96人に、毎日できそうだが実際には行っていない行動を一つ上げてもらい取り組んでもらうというものです。

 

これを84日間計測するというものでした。

 

その結果・・・

 

早い方で18日、遅い方で254日で自動的にこなせるようになったと報告されたのです。

 

「66日」とはこの平均値なのです。

 

つまり、最低66日、約2ヵ月続けるとやったことない事でも、習慣化できるという事なのです。

 

でも、もっと面白いデータがあります。

 

人は1回でもサボると、習慣つくりを妥協してしまうのか?という事に対する実験です。

 

さて、どのように皆さんは思われますか??

 

答えはNOでした。

 

1回でも出来ないと「もういいや」ってなりがちですが、被験者はそれでも気を取り直し続けていきました。

 

すると、最後には被験者の大半が習慣化に成功したというのです。

 

そうです。
ここで大切なのは、諦めずに続けてみるという事です。

 

3日坊主でも、気を取り直して続ければ、必ず良い習慣は身につくという事が報告されているのです。

 

これを聞いて、なんだかとても嬉しくなりました。

 

良い習慣を毎日続けるのは大変だけど、例え出来ない日があっても気を取り直してやり続ければ、いつかは自分の物になるのですね。

 

自分の気持ち次第でなんとかできる・・・・。

 

今日はこのメルマガを見て、とても希望が湧きました。
良い習慣は、頑張って続けてみようと思います。

まとめ

今日は終戦記念日なので、①英霊の存在を思い出し、私たちのルーツである先祖に感謝の気持ちを捧げようという話と、②習慣についてお話してみました。

 

是非今まではやってこなかったけど、出来たらいいなと思う行動があれば、習慣化出来るように、まずは66日間を目指してやってみてはいかがでしょうか?

 

でも、最初から出来なかったとしても、諦めさえしなければ、いつかは出来るようになると思います。

 

自分で限界を作らないで、休みながら続けたらいつかは出来るようになるっていうのが私にとっての救いです。

 

良い習慣が身につけば、きっと自分の自信となり、セルフイメージを上げることに繋がりますね。

 

自分の事が大好きになったら、きっと私たちのご先祖様も喜び、もっと応援してくれるようになると思いますよ。

 

これからの時代は、運を強めることがとても大事になってきます。
是非これを機会に英霊たちに思いを馳せ、ご先祖様に感謝の気持ちを尽くしながら、今という時を大事に生きていきましょう。

 

時間は有限です。
人生ランドを一緒に楽しんでいきましょうね。

 

今日も皆さんを応援しています。
最後までお読み頂き、有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました