試練を宝物に変える方法とは?

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

昨日、疲れを癒すために母親を連れて温泉に行きました。
行くまでは何かと調整に手間取ったけど、行って正解でした。

 

誰でも自然を感じて、美しい景色を見て、その中で体を開放すると良い気分が生まれますね。

 

年齢を重ねると、年長者は特に気分にムラがあります。
上手に気持ちをほぐしてあげないと、意地をはったりします。

 

これは今後の私にも言える事なので、特に気をつけたいです。
タイミングを見計らって、楽しい気分にさせてあげる事がとても大事。

 

昨日はこの事を身をもって学んだ日でした。
学びは日常の中で沢山見つけられるから有難いですね!!

 

特に年長者が感情的になりやすい日は、相手の言葉を受け止めて、
なるべく遮らないよう気をつけたいと思います。

自分に起きる事は試練

さて、「親孝行したいときに親はなし」…と聞いたりするので、
親が高齢になったらこの事を心掛けていきたいと思いますが・・・。

 

それでも、日常の些細なことで行き違いが起こったり、
相手の気持ちが読めないと気もあります。

 

特に高齢者は家にこもることがどうしても多くなるので、
一人でいると『誰かに迷惑をかける』と思ってしまいがちです。

 

私の母も、そんなところがあります。
今まで一人で頑張ってきたんだから、それでいいって意地を張ります。

 

要は、イライラや不安な気持ちを聞いて欲しいのだと思います。
もしかしたら、他に言えなくて私に甘えているのかもしれません。

 

でも忙しいと、ついつい心に余裕がなくなりそうになります。
それがいわゆる私にとっての『試練』なのかもしれません。

 

ちょっと心が揺れた時に、
マーク・レクラウ氏の言葉にこんな言葉を見つけました。

幸せになるうえで心の姿勢は非常に重要である。

 

心の姿勢によってものの見方が大きく変わるし、
対応の仕方も変わる。

 

人生のルールを受け入れれば、苦しみは減る。
人生は笑いと涙、光と陰で出来ている。

 

悪い出来事が起こっても、それに対するものの見方を変えることによって受け入れなければならない。

 

時分に起こることはすべて、試練と同時に機会でもある。

そうか・・。日常で起こる嫌なことって試練なんだと思いました。
昔 聖書の中で、こんな事も学びました。

 

「神様は自分に越えられないような試練はお与えにならない」って。
だから、受け止め方で必ず越えられるようになっているのです

 

そして、こんな風にも書いてありました。

 

🍀「人生がレモンを投げつけたら、それに砂糖を混ぜてレモネードを作れ」と・・・・。

 

ものの見方というのは、いうなれば「味付け」の事だそうです。
人生は味付け次第で、甘くもなれば酸っぱくもなるのです。

要は心の持ち方次第

では、健全な心の姿勢の例を挙げてみましょう。

  • 間違いを犯したら、それから学ぶ
  • 自分が知らない事があることを認める。
  • 困った時は勇気を出して助けを求める
  • 今までのやり方を変えて、新しい事に挑戦する
    (習慣が変われば人生が変わるより)

このような素直で謙虚な生き方が大事だと教えてくれます。
日々、挑戦の連続となりますね。

 

日々起こることは、出来事に対する見方、考え方で大きく変えることが出来ます。

 

「最高の人生」にする事も出来るし「最悪の人生」にする事も出来ます。
それが考え方の習慣なんですね。

 

常に物事の良い面を見るか、悪い面を見るかの習慣で変わるのだと思います。

まとめ

今日は、ものの見方をプラス面にフォーカスして、健全な心を保つ事の大切さを書きました。

 

嫌な出来事は「試練」でもあり「機会」でもあるというところに、
今日は救われたような気がします。

 

そこから多くの事を学び、自分で自分の機嫌を取りながら、
人の感情も穏やかにする術をもっと身につけていきたいと思います。

 

それが今という時であり、大事な学びの時であると思っています。
今目の前の事を大切にしていきましょう。

 

今日も最後までお読みいただき、本当に有難うございました。

 

コメント

  1. 事象は一つでも、ものの見方は千差万別です。
    いつも良い方向に心持ちを変えていると、何があっても前向きなものの見方ができるようになりますね。
    何か言われてカチンとくることは仕方ありません。でも気を取り直すまでの時間が少しでも短くなれば、幸せな時間が増えることになります!
    お母様がわがままを言った。でも、自分が小さい時は人生の道をそれないよう、一生懸命手を引いて歩んでくれたんだろうな。今は私が手を引かなくちゃ。
    そう思えば、気持ちも楽になることでしょう。
    由美さんは、いつも聡明な気付きの投稿をされてますから、心持ちの転換はされていることと思います。
    人生は苦難と幸福がいつも混ざり合っています。苦難を幸福と思えるように心持ちを転換させることは、とても大切なことですね。
    これからも頑張って下さい!ずっと応援しています!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      小笠原さん。おはようございます。
      確かに「恩送り」という言葉があるように、幼い頃の記憶をたどれば、私も沢山手を煩わせてきました。
      母の気持ちを考える余裕も生まれてきますね。
      気持ちの転換を図ることが、私にとって必要だと改めて思いました。
      今日も大事な気づきをありがとうございます。
      とても心が軽くなりました。

タイトルとURLをコピーしました