ゆーみんの『幸せの道標』75 自分の内なる声を大切にしよう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は『引き際』についてお話します。
皆さんは、途中で何かをやめることを、悪い事だと思いこんでいませんか?

 

ここに『易経の言葉』があります。
簡単に説明すると、「逃げる時には、いち早く逃げて、新たな出発をしよう」というものです。

 

苦しい事や辛い事から逃げちゃいけないって言われることがあります。
でも、我慢し続けたら危険なときもあるのです。

 

卑怯だと自己責任を感じて、ボロボロになるまで頑張ってはダメです。
何か危険が身に迫っている時は、何かを失ってもいち早く非難しますよね。

 

それと同じで、そこで無理して頑張っていたら、心や身体に深い傷を負ったり、将来に希望が持てなくなってしまいます。

 

このままでは危ない、もう無理そうだと思ったら、逃げる事も必要なのです。
自分の身を守りさえしたら、また新しくやり直すことが出来ます。

 

未来に希望を持って、引き際を見極める・・・目の前の事を一生懸命にやってみて、何か違うと感じたら、その違和感(心の声)を大事にしてみましょう。

 

それには常日頃から謙虚な気持ちで過ごし、感謝の気持ちで過ごす事で、きっと新たな展開を見ることが出来るようになるから・・・。

 

むやみに自分を追い込むことを止めて、自分の内なる声に耳を傾けて下さいね。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 違和感…それは波長に合わない場合に感じるものですね。
    柔和で優しい波長を出す人が、ヤクザの中で一生懸命頑張ろうとしてもおのずと限界があります。
    その時は無理せず自分の波長に合った環境を選ぶことは大切ですね!
    今日も大切なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      こんばんは。違和感が生じる場面に出会った時は、仰る通り、正面突破を払うのか、一呼吸おくのか、よく考えてみることが大事ですね。
      私も平常心を大事にしていこうと思います。とても素敵なコメントを頂き、感謝しています。

  2. 心に違和感が生じる場面は、日常の中にもたくさんありますね。
    それは今の自分とは相容れないことが生じる場合ですね。
    正面突破を図るのか、一呼吸置いて自分自身に誤りがないか見つめ直すのか、退くのか、選択はたくさんあります。
    心を落ち着かせて、導きにお任せすることも必要ですね。
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      こんばんは。違和感が生じる場面に出会った時は、仰る通り、正面突破を払うのか、一呼吸おくのか、よく考えてみることが大事ですね。
      私も平常心を大事にしていこうと思います。とても素敵なコメントを頂き、感謝しています。

タイトルとURLをコピーしました