ゆーみんの『幸せの道標』67自分のアイデアに自信を持とう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

アイデアはいろんなところから頂けます。
映画、音楽、本、絵、詩、写真、人との会話、自然など・・・。

 

なんでもこだわらずに吸収することが大事です。
自分の直感が働くもの、想像力が刺激されるものなら、何でもいいといえます。

 

この世にオリジナリティは存在しないかもしれない。
でも、自分の作品はいつか『本物』になり、『本物』ならではの計り知れないほどの価値が生まれます。

 

ここで、ジャン=リュック・ゴダールの言葉を紹介しましょう。
それは、こんな言葉です。

 

『どこから持ってきたかは大事じゃない。どこに向けて使うのかが大事なんだ』
自分の作品も、必ずどこかの作品や商品と何かしら似ているものです。

 

要は組み合わせが大事なのだと言います。
それを、時に「編集」と言ったりします。

 

アイデアは無限に広がっていますね。
人を「驚かす」ような気持ちで、取り組んでみましょう。

 

ITの進化で世の中が目まぐるしく変化する現代ですが、『独創的』『創造的』な要素を盛り込むためにも、誰かの幸せに為に役立てる何かを考えていきましょう。

 

人に役立つもの、誰かを喜ばせるコンテンツや仕事が創造出来たら嬉しいですね。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 「どこから持ってきたかは大事じゃない。どこに向けて使うのかが大事なんだ」…素晴らしい言葉ですね!
    人は理屈や形式に囚われがちです。でも一番大切なのは、世のため人のために実践することですね!
    いつも実践することを大切にしている由美さんらしい言葉です!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      ありがとうございます。とても嬉しかったです。理屈や形式にとらわれないで、世の為人の為に何が出来るか、微力ながらこれからも考えていきたいと思います。
      今日は心強い励ましの言葉を、本当に有難うございました。

  2. 独創性は素直な心から作られますね。子供に斬新な発想が出るのは、常識に囚われない考え方をしているからです。
    大人になると、経験が増すに連れて、常識や現実的という考えが大部分を占めるようになるので、なかなか新しい発想が出てこないものです。
    子供のような素直な気持ちに立ち返ることが大切ですね。
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      独創性は素直な心から作られますね。幼子のような心を持たないと、天国には入れない…といった聖書の言葉を思い出します。
      子供の様に、色眼鏡で物事を判断しない、素直な心をいつも持ち合わせていきたいです。
      今日も素敵なコメントを、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました