開運への導き119~「運と徳のお話」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

昨日は、「運の強い人の特徴」というお話をしました。
今日は経営の神様、松下幸之助さんの言葉をご紹介します。

 

これは、東洋思想に基づくリーダーシップ論の第一人者である田口佳史さんが、松下幸之助さんから「運と徳」について学んだ時のお話です。

 

田口さんは、35歳で初めて経営の神様 松下幸之助さんにお会いした時に、「経営者の条件とは何ですか?」と聞いたそうです。

 

すると、松下幸之助さんは、すかさずこのように答えました。

🍀「運が強い事や」・・・

 

そこで、「運を強くするにはどうしたらよいですか?」と田口さんは聞いたそうです。

 

すると返ってきた答えはこうでした。

🍀「徳を積むことしかない」・・・・

 

私はこれを聞いて衝撃を受けました。
そして、妙に心にストンと響いてきました。

 

そして、こんな風に松下幸之助さんは仰ったそうです。

 

徳というのはAさんに掛けて、Aさんから返ってきたことは一回もない。
だからといって、Aさんに徳をかけなくてもいいかというと、そうではない。
どこから返ってくるか分からないから、会う人それぞれに、徳をかけなきゃいけない。

徳というのは、自己の最善を他者に尽くしきることなのだそうです。
利他の精神といっていいと思います。

 

お返しを期待するのではなく、他者の為に、今持っている自分の力を最大限に使う。

 

すると、徳を積むことになるので、それが蓄積されて、良い事が自分自身に巡ってくるのだと思います。

 

松下幸之助さんの言葉は深いですね。
今日も自分の出来る事から始めてみましょう。

 

他者に優しい言葉や笑顔を送るだけでも、徳積みの一つになると思います。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

  1. 素晴らしいお話しでした。
    幸運を引き寄せるには、徳積みしなければいけませんね。
    僕はその徳積みとは「滅私奉公」…という言葉に集約されるものだと思います!
    自分の利害のことは考えず人のために尽くす…利他の精神ですね!
    自分の子供を育てる時は、将来お金を稼いでもらうとか、見返りを考えて育てる親はいません。ひたすら、子供のためだけを考えて育てますよね。
    そういう無私の精神が徳積みをできるのだと思います。
    少しでもそういう生き方に到達できるように精進していきたいと思います!
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      「滅私奉公」という言葉があるのですね。無条件の愛、利他の精神が徳積みに繋がるのですね。
      とても勉強になりました。私のそういう生き方を目指していきたいです。今日もコメントをありがとうございました。

  2. 利他の精神は徳を積み、その徳は幸運という形で戻って来ますね!幸運に守られるとそれに感謝して、また徳積みをする…すべてが良い方向に回ります。
    でもまた、同じように不幸の循環もありますね。
    不幸の循環にならないよう、日々を謙虚に生活したいと思います。
    今日も大切なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      素晴らしい考え方ですね。不幸の連鎖を断ち切り、日々を謙虚に暮らしていきましょう。
      本日も宜しくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました