開運への導き㊱-「Why」から「Wow」へのススメ

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

皆さん、おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

皆さんは、「頼まれごとは試されごと」って聞いたことありますか?
これは、講演家の中村文昭さんの言葉です。

 

本当の仕事とは「人を喜ばせる事」という中村文昭さんの言葉は、
私の中でとてもしっくりきます。

思考を変えてみる

皆さんはコーチング理論といのを聞いたことがありますか?
コーチングとTeach(教える)は全然違うと言います。

 

野球でいえば、「バットをこう振りなさい、ああ振りなさい」というのがTeach(教える)。

 

コーチングは「君はどう打ちたいの?ならバットはどう振ってみる?」というのがコーチングです。

 

コーチングは質問のやり取りから、相手にある答えを引き出していきます。

 

以前吉本興業でマネージャーをしていた大谷由里子さんが、マネージャー業についてこんなことを仰っていました。

 

以前吉本興業で横山やすしさんのマネージャーを務めていた大谷さんは、売れるために芸人さんにはコーチングが必要だと言います。

HOW(どうやって)が役に立つ

漫才界で一世を風靡した横山やすしさんは、とても破天荒な方だったらしいです。

 

仕事がある日に地方の競艇場にいたり、浮気がばれて奥さんが怒っているから、仕事をさせたかったら奥さんの機嫌を取ってくれと言ったり・・・。

 

普通の人では考えられないような、無理難題を言われる事が多かったと言います。

 

でも大谷さんが素晴らしいのは、そこから発想を変えた事です。

 

「なぜ私がこんなことを…」から、「じゃあ、どうやったらこの問題をクリアできるか?」と考えるようにしたのです。

 

実は人生はあらゆる場面で、言われたことを「無理難題」と思うか、「試されごと」と思うかで大きく変わります。

 

大谷由里子さんは、発想を「Why」から「How」に変えることで、人の魅力を最大限に引き出し、様々な場面で企画力や交渉力、根回し等を学んでいったというのです。

 

天才を育てる仕事は、実はこんな考え方の基本があるのですね。
「なぜ私がこんなことを・・」と思ったら負けです。

 

日常生活のも役に立つ考え方だと思います。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

  1. 面白いお話しですね。
    頼まれごとは試されごと…ですね!
    頼まれることを嫌なことだと思わないで、前向きに思考を変えていくと、次の展開が開けてきますね!
    気持ちの切り替えがとても大切なことだと思いました。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      頼まれごとは試されごと・・こんな風に考えていくと、嫌な思いが消えて、
      少しは前向きな思考になれるのではないでしょうか?
      気持ちを見り変えていく工夫が必要かなと思い、今日は提案してみました。
      いつも熱心に読んで下さり、本当に有難うございます。

  2. TeachとCoachの違いはなるほどなと思いました!
    プロスポーツでも技術的なTeachingはもちろんですが、精神的なマインドコントロールをするCoachingはより重要なファクトとなっています!
    またTeachingは強制的、上から目線というイメージが強いですが、Coachingは同じ目線で一緒に考えるという寄り添うイメージがしますね!
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      まさしくその通りです。同じ目線で考えていくのが、コーチングですね。
      寄り添うイメージがぴったりだと思います。出来れば人の能力を引き出すコーチングを、
      色んな場面で取り入れていければいいなと思います。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました