ゆーみんの『幸せの道標』⑦「愛語」を大切にすると運が良くなるという話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は「良い言葉」について、改めて考えていきたいと思います。

 

「悪事千里を走る」という諺がありますが、陰口や悪口の伝達速度は早いものです。

 

陰口、悪口を言ったツケは、必ず回ってきます。
そればかりか、仲間内でこき下ろした上司の耳に、その内容がすっかり届いていて、自分の立場が危うくなる事もあります。

 

禅には「愛語」という言葉があります。
相手を慈しみ、その心で語りなさい、と説いています。

 

「愛語は愛心より起こる、愛心は慈心を種子とせり。
愛語よく廻天の力あることを、学すべきなり」

これは、『正法眼蔵』の中にある道元禅師の言葉です。

 

相手に慈しみの心を持って語る愛語は、天地をひっくり返すほどの力がある、という意味だそうです。

 

この愛語のパワーは知っておくと良いですね。
但し、相手に親愛の情を持つ、ユーモアを感じさせるような言葉は、かえってその場を和ませる時もあります。

 

どんな人にも、必ず一つや二つはいい所があるはずです。
どんなに嫌な相手であっても、目を転じて、相手のいい所、長所を見つけて、そこを褒めることが大事です。

 

褒められて気分を害する人はいないので、きっと相手からも誉め言葉が返ってきます。

 

でも大事なことが一点あります。
それは「とにかく相手を持ち上げておけばいい」という安易な褒め方はしないことです。

 

いわゆる見えすいたお世辞や、おべんちゃらでは相手の心に届きません。

 

自分が心からいいなと思って、心から褒めるというのでなければ、全く意味がないのです。

 

そして、率直に褒め合い、お互いの良い所を認め合えるお付き合いこそ、心を豊かにしていくのです。

 

妙なプライドやこだわりを捨てて、勇気を持って相手の良い所を探していきましょう。

 

心を込めて良い所を口にする癖をつければ、人間関係も良好なものに変わっていくはずです。

 

それでも、相手との関係が良くないのであれば、元々縁のない人なのでしょう。

 

悪口を言わず、気にしないようにしていれば、役目を終えて、いつかいなくなるでしょう。

 

「愛語」を出来るだけ使っていきましょうね。
愛語を使っていくと、あなたの周りからきっと嫌な人は、気にならない人に変わり、あなたを応援してくれる人が増えてきます。

 

きっと幸運が舞い降りてくるきっかけになると思いますので、相手を慈しむ心を大切にしていきましょう。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. 相手に慈しみの心を持って語る愛語は、天地をひっくり返すほどの力がある…とても素晴らしいことですね!
    赤子の時の我が子を抱いた時の無限の愛情を思い浮かべます!
    慈しみを基にする愛語の真心は偉大ですね。
    今日は、お盆であり、また終戦の日です。亡き父母や兄を忍び、また数多の英霊に感謝する一日にしたいと思います!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      今日は終戦記念日でしたね。幾多のご先祖様のお陰を思う時、感謝の念が湧いてきますね。
      その恩に報いるためにも、『愛語』を用いて、感謝の念を広げていきましょう。
      今日も素敵なコメントを、ありがとうございました。

  2. 慈しみを持って語る「愛語」は、大きな力を持つのですね!
    とても素晴らしいお話しですね!
    謙虚に全てに感謝して、慈しみを持って接する、優しい言葉を発する…そういう日常を送りたいものですね!
    今日もとてもHappyな気持ちになります!
    素敵な気付きのお話しをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      ありがとうございます。共感して下さり、とても嬉しいです。慈しみを持って、真心で接する『愛語』は、人と人との距離を縮め、人を幸せに導きます。出来るだけ、『愛語』を使っていきたいですね。
      今日もコメントを有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました