迷いや不安を感じた時、知っているだけでとても心が楽になる方法とは。

スポンサーリンク
希望 ブログ
希望を持って
スポンサーリンク

こんにちは。「開運セラピスト」のゆーみんです。
今日もお会いできて嬉しいです。
さて、今日も時間があったので、午前中に色んな方のメルマガを見ておりました。

その中で、とても心に響いた一文が目に飛び込んできたので、後半でシェアしたいと思います。
とてもホッとして、心が楽になるお話なので、このままお付き合いただけたら嬉しいです。

迷い道

現実の中で起きる不安や葛藤について

さて、新型コロナというウィルスの蔓延により、思ってもみなかった現実社会に生きている私達。
本当に、この自粛生活。長く続いて結構大変ですよね。
それ以外にも、経済の事、家族の事、職場の人間関係、未来の事など・・・。
真剣にに考えれば考えるほど、色んな不安材料が出て来るように思います。

今日も、友人からこんなLINEが送られてきました。
彼女の仕事は美容師。自分のお店を持っています。
最近,客足が減り、とても大変だそうです。

おまけに、彼女は介護が必要な義母と暮らしています。
ご自身も、病気で退院したばかりで、健康不安があります。
お子さんは社会人ですが、その子の将来に不安があると常々思っています。

とても頑張りやで、思いやりがあって、素敵な人なのに、なぜか専業主婦が羨ましいと
時々話してこられます。
それは一体なぜなのでしょうか?

言葉の裏に隠れた思い

専業主婦…私にもそんな時代がありました。

なりたくてなったわけではありませんが、10年くらい家にいて、ひたすら家事と子育てをしていた時期があります。

短大を卒業し、晴れて念願の保育士となったのですが、嫁いだ家が大家族であった事と、義母がキャリアウーマンだったので、私は自分が仕事をやめた方がいいのかなと思いました。
直ぐに子供が出来た事や、子供は自分が育てたいという思いも少なからず持っていました。

でも、専業主婦ってやってみると意外に大変で、休憩時間が決まってないですよね。
優先順位を自分で決めれるという利点があるし、誰からもあまり文句を言われないという気楽さもあるけど、家事、育児が一挙にのしかかってくるともうパニックです。

おまけに多い時で、10人分の食事の支度が毎度やってきて、自分の事を構う暇もありません。
一日のローテーションをこなすのがやっとで、独身時代、家の事を殆どやってこなかった私は、
かなり家事に苦戦した記憶があります。(笑)

当時の私からしたら、会社員や、外で働く女性は羨ましい。
自分の時間が確保できて、おまけにお給料がもらえる。
専業主婦はどんなに頑張っても、目に見える形で自分に報酬が来ないしなぁ‥。
そんな風に思いました。

でも考えてみたら、仕事を持っている女性は、外で働いているのに、家に帰ってからも働かなければいけない。きっと、それはそれで時間との闘いの連続でしょう。
立場は違えど、専業主婦と同じで、拘束時間だってかなり長いし疲れるはず。
私の知らないところで、辛い思い、嫌な思いも沢山経験されているのかな?

そして、言葉のやり取りをしているうちに、こんな言葉が出てきたのです。
「土日働いているから、子供たちに寂しい思いをさせて、他の家庭より子供が犠牲になっている」
「何十年にもなると、その差が付きすぎる」と。

・・・・・そうか、この人は、専業主婦が羨ましいのではなくて、本当は、子供たちに寂しい思い、
一緒にいてやれなかったことが辛かったのだ。
本当は、もっとそばにいて遊んでやったり、楽しい思い出を作りたかったのかもしれない。

だんだん私の中で、そんな風に思えてきました。

娘さんが出産をもうすぐ迎えるのに、出産に立ち会えない事や、子育てを手伝って上げれない事も
話してくれました。
だから、余計に彼女の中で深い悲しみとなり、申し訳なさみたいな思いを感じるのだと知りました。

悲しみ

家族が大変な時に、自分が十分な事をしてやれないって辛いですよね。
私は、「今まで苦労しながら一生懸命愛情を注いでこられたのだから、絶対に愛情はお子さんに伝わっているよ、申し訳ないなんて思わなくても大丈夫だよ。」

「きっとお母さんの頑張る姿を側で見てきたから、自分で乗り越えていけるよ。
近い将来、お孫さんに自由に会えるようになるから、それを先の楽しみにして
今出来る精一杯のエールを送ってあげたらいいのでは…?」と送りました。

彼女が少しでも、元気になれば嬉しいけど、こんな時自分だったらどうするかな?
そんな気持ちで、彼女の事を暫く考えていました。
すると丁度時を同じくして、ヒロさんという方(鎌田悠成さん)のメルマガが目に飛び込みました。

「夜明け前が一番暗い。不安や迷いは認めちゃっていい」というタイトルのメルマガです。
いつもはスルーすることも多いのですが、何故かこの時はクリックしていました。
そして、この人の文章を読んでいるうちに、何故か心が温かくなってきたのです。

とても心が軽くなる大切な事を教えてくれたので、皆さんにもその言葉をシェアしていきたいと思います。祈り

ヒロさんが語ってくれた「認める事」の大切さ

この方は、普段から中庸というのでしょうか?
そういう事を、常に心掛けていらっしゃる方のように思います。
コンサルティングをされていますが、言葉の中に、とても優しさや温かさを感じます。

今回は言霊の使い方のテクニックとして、
迷いや不安があるなら、それをちゃんと認める事が大事」と言っておられました。
「迷い そのものを認める」「不安 そのものを受け入れる」というあり方が効果的と。

私は、それを聞いて本当に一理あるなと思いました。
不安を漠然と抱えても、それを抑え込もうとするから苦しくなる。
だったら不安や心配のメカニズムを知って、それを認めてしまう!と。

ヒロさんは、こう言います。
人生に於いて、決して調子が良い時期ではない事を認めた。
判断に迷い、情緒不安定であることを認めた。
将来に不安があることを認めた。
行き詰っていることを認めた。
何をどうしていいか分からない事を認めた。
仕事への情熱に迷いがあることを認めた。
時間との使い方に、無駄と迷いがあることを認めた。
投資やトレードが向いていない事を認めた。
自我が無くなりさえすればよいのにと思いながら、自我と上手に向き合えない事を認めた。
これらのネガティブな思いが中和された、と。

このような構文を最近発信されたそうです。
そうしたら、不安が消えて、次の面白いビジネス展開のアイディアのイメージが次々と湧いてきて、
心も明るく変化していったそうです。

中々興味深い文章でした。皆さんは、どう思われましたか?
私は、ネガティブな思いもちゃんと認める事が出来るヒロさんはやはり凄いと感じました。
こんな風に自分と向き合い、対話するのも必要な事かもしれません。

まとめ

何が言いたかいかというと、願いや前向きな思いは、
現状に何か欠乏感があるから生じる」というメカニズムがあるという事です。

ヒロさんが仰るように、将来ああなりたい、こうなりたいというのは、
「今または今の現状に対して、不足、不満、不安があるからこそ思う
という事を、知っておくのも良いのではないかと思います。

そして、ネガティブを認めるという事は、「自己愛」につながるとおっしゃっています。
確かにそうかもしれません。
自分の弱さをあっさり認めちゃって、心が楽チンになる言葉を自分に送る。

ネガティブって悪い事のように捉えがちだけど、そのネガティブな自分も受け入れて中和することで、心が楽になるという考え方、私はとても素敵だと思いました。
皆さんはどう思われましたか?

今日も最後までお読みいただき、有難うございました。

💛開運鑑定をやっています。
①性格編 ②お悩み編(両方性格診断の音声付き♪)
興味のある方は、メッセージ下さいね。☆生年月日も記載して下さいますようお願いいたします。


    もっと詳しく知りたい方はこちら☞https://happy-lovely.com/monitor-end/

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました