ゆーみんの『幸せの道標』54 人生の陰と陽の働きを知ろう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

東洋思想の根本について、安岡正篤先生は、陰と陽がお互いに深くかかわり、成立しているという陰陽五行の思想を説いておられます。

 

その本によると、国や社会、家族といった組織でも、表に出て活躍する力と、それを裏で支える目に見えない力があると言います。

 

それは植物も一緒で、茎や葉や実、花のように、地面から外に出て大きく広がっていく部分と、それを支える根っこの部分があります。

 

表に出ている部分が立派に美しく育つには、地下にしっかり根を張ることが重要なのです。

 

そして、表に出ている部分を陽の力と考えると、地下で表舞台を支えるのが陰の力なのです。

 

それは人間関係にも当てはまる事で、表の陽の部分は、陰の力、お陰様によって支えられているのです。

 

そして、陰と陽の役割分担というのは、人間の一生でずっと決まっているのではなく、様々な力や、人間関係、状況によって変化していくものなのです。

 

ある時期は陰の役目だったけれど、ある時期から中心に据え置かれ、陽の役割を果たすようになったとか、色々変化していくのではないでしょうか?

 

その時に考えて頂きたいことがあります。
陽の働きは人の目につき、華やかですが、陽を支える陰の力があってこそ発揮できるものです。

 

だからどちらの働きも大事なものです。
この計り知ることのできないお陰様を、しみじみと感じ取り認識する。

 

これがいわゆる「恩を知る」という事だと思います。
恩を知り感謝をしたときに、初めて人は理性を発揮できるような気がします。

 

自分が陽の時は、陰に感謝する。
自分が陰の時は、陽を支える陰に徹する。

 

人は誰でも、その時々の置かれた立場、タイミングによって変わってきます。
だから常に、お陰様の気持ちで、人生を生きたいですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 陰陽五行…子供達の名前を命名する時、字画とともに活用しました!
    大自然の法則は、陽と陰の関係で成り立っていますね。
    幸せは悲しみを乗り越えて掴めるもの。悲しみや苦労も有難い経験なのだと思います。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      はい、仰る通り、陰陽五行は大自然の法則で成り立っています。幸せは悲しみを乗り越えて掴めるもの・・・すべてが有難い経験ですね。
      今月もどうぞ宜しくお願いいたします。コメント、ありがとうございました。

  2. 陰と陽の関係は全てに通じますね!女性と男性の関係もそうですし、社会の成り立ちそのものが、陰と陽の関係ですね。
    一人のスターを育てるために、たくさんの人間が陰となって働きます。照明さんなどの裏方さん。チケットを売り回る営業とか。裏で陰となって汗水流す人のことを忘れてはいけませんね!
    お陰様の気持ちで感謝しなければいけないと思います。
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。今日もお陰様の気持ちを大事にして、素敵な一日を過ごしましょうね。
      共感して下さり、嬉しかったです。今月も宜しくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました